2018年06月08日

ヘッドライトトラブルの旅

梅雨入り直前の貴重な晴天の日に遠出してきました。

その前に、ちょっと気になる箇所を改善しました。
前回の春の遠出では厚手の冬用グローブをしていたので気づきませんでしたが、その後薄手のグローブに衣替えして何度か乗ってみると、純正のCRタイプグリップの突起モールドとグローブの縫い目で手のひらがかなり痛くなることがありました。
P2150781 のコピー.jpg
↑これがそのCRタイプグリップ。
「こりゃこのグリップ替えないと長距離は不快だなぁ」といろいろ調べてみると、同時期のホンダ純正グリップで、カワサキのZ2やヤマハのDT-1のような、握り心地の良さそうな、たくさんのヒダがあるグリップがあることが判明。
主に1970年代のCB系のグリップのようで、サスやスイッチの購入でお世話になったアールプロさんとこでOEM品が売っていました(http://www.j-bike.com/rabbit/shopping/item.php?id=26631)が、海外の純正パーツリストを調べると今でもホンダ純正で在庫ありそうなので、純正品を注文↓
01.jpg
ちなみに品番は右用が53165-342-670、左用が53166-342-670。
CRタイプグリップと比べると少し長さが短く、少し硬めのツヤのある素材ですが、握った感じは非常にソフトで気持ちいい。
このCBグリップ(勝手に命名)は一回り太い握り心地で、以前は「細い方がホールド感あるだろう」と思って太いグリップは使ったことがなかったんですが、実際使ってみるとこのグリップも意外と安心感もあり、とにかく握り心地が良い。そして何より見た目がビンテージ!

というわけで先日の晴天が数日続いた日に、このグリップの良さを堪能するべく出発。
ルートはまたしても厳格には決めてないんですが、過去何度も訪れていた定番スポットだったのに最近全然行ってない、群馬県の「みかぼスーパー林道」を通って長野方面へ抜けて適当に行ってみようということに。
いつも遠出といえば交通量の少ない平日ばかりでしたが、今回はドピーカンの晴天が土日で、月曜から下り坂みたいな予報だったので土曜の昼頃スタート。
家から群馬方面へ向かう際の定番ルートの一部であるサマーランドの近所で出発の記念撮影↓
02.jpg
雲は多少出ていますが、雨が降りそうな気配は皆無で気温も夏の雰囲気で気分最高。
ちなみに今回持ってきたカメラは定番のα7II+フォクトレンダーの40mm f1.2、GM1+14mmパンケーキのセット。
今回は写真撮影よりも、新調したグリップやシートの乗り心地の堪能がメインな気分だったので交換レンズや三脚は無し。

そこからなるべくマイナー道を使って青梅、飯能、秩父と進行。
秩父からは過去の記憶を頼りに適当に進んで行き、途中で全然知らない真新しいバイパス道に出て迷いかけましたが、方角を頼りに進んでいくといつの間にやら知ってる道に出まして、無事みかぼ林道の麓の町に到着。
この辺でもう17時前だったのでそろそろ給油しとかないと、ここから先はしばらく給油不可能になってしまいます。
いかにも地方の小さな町にあるといった風情のガソリンスタンド(以降GSと記載)に入ると、これまたいかにも年季の入ったGSの所長といった感じのおじさんが出てきて、XLを見るなりビンテージバイクの話になります。
ちょうど60〜70歳代の人にはドンピシャな年式(1970年代は彼らが若者だった頃)なので食いつきやすいんでしょうか。この年代のおじさんがいるGSではかなりの確率で話しかけられます。
もちろんこうして話しかけてくれるとぼくも嬉しいので、いろいろ話に花が咲きます。
初回給油の燃費は33.3km/l。
毎回給油の度に燃費を計測してますが、バハよりも車重が20kgほど重いのに燃費は同じくらいってことは、20kgほどの重量差は250ccのバイクではほとんど影響無いってことなのかな?
それともオーソドックスなペントルーフ型燃焼室のエンジンの方が燃費がいいんでしょうか。

給油もできたし安心して林道へ入ります↓
03.jpg
入り口はいくつかあるんでどこからでも入れるだろうと思って、過去入った記憶のないそれっぽい横道へ入りました。
道は次第にフィトンチッド満載といった感のある風景になっていきます↓
04.jpg
「え、早速ダートになってんの?」とわくわくしながら進むと道は次第に下っていき、民家が現れたかと思ったら元の国道に出てしまいました。この道は林道につながってなかったようで…。
気を取り直して今度は確実に林道入口とわかる道に入ります↓
05.jpg
時刻は17時過ぎですがまだ日があります。やっぱ日照時間が長い季節はいいなぁ。

まだ林道の本線に入ってない感じの分岐に、手作り感満載の案内看板を発見↓
06.jpg
ちなみに反対方向へ行くと「鬼石国際射撃場」という所に行けます。
いい感じの日差しだったので撮影↓
07.jpg
f2.8に絞ると光芒がこんなにクッキリ。

17:30頃。みかぼスーパー林道はもう舗装路だけなのかと思ってましたが、意外とダート道が残ってます↓
08.jpg
ダートといってもほとんど荒れておらずフラットなので走りやすいです。
そういや舗装された比較的真っ直ぐな道で、いきなり頭上から「カサッ」と音がしたと思ったら視界の斜め上を地上3mくらいの至近距離でトンビだか鷹だかの猛禽類が、しばらくぼくと並走して飛んでいたのが楽しかった〜。
並走は時間にして数十秒だと思いますが、一度彼(鳥)が頭をクルッと回してこっちを見てたのがまた可愛かった。

18:00頃。夏のような陽気とはいえ、やはり夕暮れ時の山はけっこう冷えてきて、Tシャツ+夏用長袖インナーだけだと肌寒くなってきたので、どこか落ち着いて着替えられるような場所は無いもんかと走ってるとちょうどいい感じの休憩ポイントに到着↓
09.jpg
傍らには小さな祠もあっていい雰囲気なんですが、ベンチと机は風雨にさらされてあまりキレイではありませんでした。
今回も綿密な準備もしてない思い立ったが吉日方式(出発直前まで行くかどうしようか迷ったあげく慌てて出てきた)なのですが、防寒装備ゼロなのはいくらなんでも夜間走行でヤバくなるだろうと、冬山用の上下インナーとウインドブレーカー的なジャケットも持ってきてたので、下インナー以外を装備します↓
DSC02973 のコピー.jpg
いつも常用してる財布とかカメラポーチを付けたコブラベルトだけだとポーチを増設しても防寒装備が入り切らなかったので、4年前に導入した遠出用バッグ(ワンショルダーをウエスト用に改変)も持ってきました。
グローブは夏用の薄手のものですが、手がかじかむほどの寒さではないので大丈夫。

日暮れ間近の風景↓
10.jpg
「そろそろライト点灯するか」とスイッチをONにして、ふと「そういやバッテリーレスにしてからハイビームにしたことなかったな」とハイビームにしてみると、なんと最近のバイクと遜色ない明るさで光るではないか!
最初、ハイビームはバッテリーを介した配線なのでバッテリー並の電力が貯まってないと明るくならないかと思ってたら、コンデンサーでも大丈夫だったんだ〜!と嬉しくなり「そうだ、光軸をハイビーム常用できるレベルに調整しよう」と車載工具でちょいちょいと光軸調整。
「なんだジェネレーター巻き直ししなくてもこれで十分使えるじゃん」とウキウキ走行していたら…パチッとライトが消えました。
距離にして約1kmほどハイビームで走行してただけなんだけど…とロービームに戻しましたが点灯せず。
「え、なんでなんで?」と薄暗くなってきた林道でまた車載工具を取り出して、電球を見てみると、片方のフィラメントが切れてるように見えたのでとりあえずハイ・ローの配線を入れ替えてみましたが点灯せず。
もう一度電球をよ〜く見てみると…う〜わ!両方共切れてるやんけー!どうしよー!と軽くパニック。
要はハイビームが明るかったのは、ハイ・ロー2個のフィラメントが同時に光ってたからであり、バッテリーからの配線云々は関係なかったのです。
こりゃスイッチ新調した時に配線を間違った可能性大。
まぁ今は原因の追求よりも、とにかくどうにかしてライトを点灯させる方法を考えるしかない。
一番助かる可能性の高い手段は近隣の店舗で電球を購入することですが、この近くにバイク用品店なんて無さそうなので、やはりGSに頼る以外なさそうです。
しかし時刻的にこの辺のGSは閉まるのが早いのでその辺の心配と、なおかつXLに使える電球の在庫があるかどうかという心配もあり。
幸い、現在地は麓に下る分岐のすぐ近くだったので、薄暗くなってきた道を急ぎつつ飛ばさずに下っていきました。

麓に出るとあたりはすっかり日が暮れていましたが、うまい具合に真横に酒屋さんが開いていました!↓
11.jpg
早速「すみませ〜ん」と入っておかみさんに事情を説明。
するとおかみさんは「じゃちょっと電話してあげる」と近所にあるGSに連絡してくれまして、電話を代わってGSのおじさんに電球の詳細を伝えると「45Wしかないけど使えるかなぁ?」とのこと!全然使えます!
というわけで酒屋さんにお礼を言って近くにあるというGSに直行。
閉店時間は19時だというのに、おじさんは30分ほど過ぎても開けて待っていてくれてました。
早速電球を見せてもらうと…うわ〜これじゃない〜!たしかに3本爪の電球なんだけど、爪のタイプが違う〜!
形式で言うとXLのがRP30なんだけど、ここにあったのはRP35(型式名は今調べた)↓
RP.jpg
絶望しかけて「日が昇るまでここで一泊するしかないか」と思ったのもつかの間「そうだ、ニッパーかなんかでこのツバ部分をカットして3本爪に改造すれば…」と思いつき、おじさんにニッパーを貸してもらいプチプチとカット!
爪の角度は微妙に間隔が違うので、切れた電球と見比べながら、目測で爪を切り出していきました。
できあがった電球をあてがってみると微妙に爪が長くて入らないので少し短くカットしてみると…短すぎた〜!
短すぎて爪が引っかからなくなった〜!と、また絶望しかけましたが、すぐに「あ、受け側の金具を曲げりゃいいのか」と気づいて加工。
うお〜見事にくっついた〜!エンジンをかけて点灯させると…やったー!!点いたー!
ところが今度は電球のガラス部分がデカすぎてライトボディの穴に入らない。
次から次へと妨害工作が…とまたまた絶望しかけると今度はおじさんが「じゃレンズ外して前から入れりゃいいんじゃない?」とテキパキとバラして組み付けてくれました(おじさんは整備士免許持ってて車関連の工作は得意らしい)。
今度こそやったー!これで旅を続けられる!
ぼくは「ほんっと助かりました〜!」とお礼を兼ねてお代に1,000円渡して出発しようとすると「まぁ少し休んで一服してったら?」と店内に入れてくれ、しかも「どれでも好きなの飲んでいいよ」と売り物のドリンクまでいただきました。
いろいろ世間話してる内におじさんの身の上話みたいな感じになって、なんか楽しかったです(笑)。
神流町の大塚酒店の皆様、みかぼ石油の新井さん、大変お世話になりました。
おかげで旅を続けて無事に帰ってこられました。

おじさんに深々とお礼を言っていざ再出発!
元の道に戻るため先程の酒屋さん横の林道入口に戻ってみると、まだお店が開いてたので酒屋さんにも無事直ったとの報告とお礼を言ってきました。
交換した電球は45Wとはいえ、ジェネレーターは相変わらずの非力さなので、正式な12Vハロゲンに比べたらかなり暗いんですが、何も点灯してない状態に比べたらなんと心強いことか↓
12.jpg
少なくとも死んだバッテリー積んでた時よりはインジケーターやウインカーがちゃんと点灯・点滅するので安心。
しかしハイビーム関連は帰ってから調べ直さないとまともに使えません。

インジケーター類に関して、前回の記事でも少し記述しましたが、もうちょいまともな写真が撮れたので再度記述。
ニュートラルランプのON・OFF状態↓
13.jpg
2がギアを入れた状態なんですが、わずかに電流が流れているのか少し光ってます。
減光用のプラ板を入れる前はこの状態でも明るくて困ってましたが、今はこんな感じにほぼ消えているのと変わらない明るさになりました。

ウインカーが点灯した状態↓
14.jpg
たしかこれアイドリング状態だったと思いますが、ちゃんと点滅します。
バッテリーが死んでる状態ではエンジン回転上げないと点滅どころか点灯すらしませんでした。
ただ、夜間ではこのように視認できますが、昼間の明るい場所ではかなり視認しにくいレベルの明るさです(回転上げれば明るくなる)。
こればっかりはやはりジェネレーター巻き直ししないとどうにもならないでしょう。

ライトが暗いとはいえ、こんな倒木があってもちゃんとぶつからずに発見できます(笑)↓
15.jpg
これ以外にもけっこう大きな倒木が処理されずに置きっぱなしでしたが、車の人はくぐれるのかな?

毎度おなじみの大きな分岐にある案内看板↓
16.jpg
今調べたらぼくが前回ここに来たのはもう6年も前だったようですが、看板の劣化ぶりはあんま変わってないかな。
時刻は22時過ぎ頃(ちなみにこの写真はフラッシュではなくLED懐中電灯を当てて撮影)。
夕方に防寒装備をいくつか装備したものの、さすがに夜も更けてくるとさらに寒さが増し、どうせ誰も通らないだろうとこの広い交差点でズボン脱いで下インナーを装備。
この時、周りの森からやたらに「ガサッガサッ」という獣(たぶん鹿)らしき足音が何箇所からも聞こえて「熊だったら怖いな」と思いつつ着替えましたが、その足音はぼくが着替えている間に遠ざかっていきました。
ここに来るまでに何度も鹿には遭遇してたので、ここでも道路近くにいた鹿たちが、人間が来たから逃げたものと思われます。

案内看板を南下してすぐにある分岐をさらに西進、大仁田ダムでα7IIで長時間露光撮影したけど大していい写真は撮れず、そのまま進行して南牧村の分岐を西進、さらに進んだ所の分岐にてルート確認↓
17.jpg
時刻は0:00ちょい前くらい。
今回もルート確認に大活躍したのはタブレット。オフラインでも現在地確認できるマップアプリは本当に便利〜。
さらに西進した山奥にて、月明かりがけっこう明るかったので手持ちで長時間露光してみました↓
18.jpg
長時間といっても30秒とかだとブレブレなので5秒にしましたが、やはりブレました。

しばらく走ってるといつの間にか見たことある風景になっていて、マップを確認したら国道299号でした。
さて、ここからどうしよう。
町も近いし宿泊するなら今のうちだけど、そんなに眠くないんだよな〜とはいえ、今寝とかないと明日の日中ダルダルになってもったいないし…と悩みながら走ってたら腹が減ってきた上に、妙に寒くなってきました。時刻は深夜1:00過ぎ。
考えてみたら昼の14時半頃に青梅のコンビニで、小さいカニ寿司とななチキと飲み物を摂取して以降、GSのおじさんとこで缶コーヒーいただいただけなので、そりゃ腹も減るわ。
空腹もさることながら、寒さが半端なくなってきて思わず「6月の長野ってこんな寒かったっけ?」と声を出して言ってしまうくらいでした。
この寒さが無ければこのまま長野から南下して一気走りで帰宅するのも有りかなと思っていたんですが、寒さに耐えられずホテル探しに変更。
市街地に出て国道141号を北上して見つけたホテルに入ってお値段を聞いてみると…8千いくらとか!たけぇ〜。
なんでも土日なので高くなるそうで。でもすごくキレイなビジホでした。
もちろんここは諦めて市街地中心部へ向かい、誰もいない大きな交差点でバイクを停めて四方を確認すると…あった!なんか安そうなホテルが。
早速飛び込んで聞いてみると4,200円!やっす!もちろん即決です。

部屋はこんな感じ↓
19.jpg
まぁ狭いけど飯食って寝るだけなら何も問題なし。
しかし肝心の風呂を確認すると…↓
20.jpg
せせせせま〜い!
これは今まで見たホテルの中で一番の狭さです。
身体を洗うとか以前に湯船にお湯溜めても全身暖められない気がする…。
ちなみにインターホンはダイヤル式↓
21.jpg
これだけはリアルレトロでカッコいいな。
とりあえずホテルを出てすぐ近くにあったコンビニで飯を買ってきて部屋で食す。
そして風呂にお湯を張って入ってみましたが、やはり全身浸かるのは無理があったようで、横になって脚を曲げて浸かるとトランクケースに詰め込まれた死体のようなぎゅうぎゅう詰め感で、下手すると自力で出られなくなって溺れ死ぬ可能性もありうるので、出られる内に半身浴に戻す(膝は水面から出て浸かれない)。
そして最後にお湯を抜こうと栓を抜いたら勢いよくお湯が流れていくのですが、ふと湯船の外の床を見るとお湯がダダ漏れになってて水浸し!
慌てて栓をして調べてみると、トイレとユニットになってるこの床にはなぜか排水口がどこにもなく、湯船の下に一つあるだけらしく、その排水口は床のスペースとは湯船の仕切りで区切られているのですが、勢いよくお湯を大量に流すと排水許容量を超えて仕切りのスキマからお湯がドバドバあふれるという仕様(欠陥?)になっているようです。
そもそもカーテンも無いし、水が外に出たら拭き取るしかないというのが日本の設備とは思えないすごい仕様。
6階に展望大浴場があるので、部屋風呂はエマージェンシーなノリなのかもしれませんが、夜中は大浴場入れないので、ぼくのようにバイクで凍えて夜中にチェックインした人は愕然とすること請け合い。
まぁ先程のコンビニでの買い物と食事で程よく身体も温まったのでいいんですが、真冬だったらヤバかったと思います。
あと、部屋で使えるもんだと思いこんでいたWifiは1階でしか使えません(笑)。なんでpassが部屋に書いてないんだろ、めんどくせーなーと思ったらそういうことだったんすね。
という感じにいろいろと引っかかる部分はありましたが、周辺の町中のレトロ感のある雰囲気も良く、コンビニや飲食店や駅が近いこと等の地理的な利便性は高いので、とにかく安い寝床と考えれば非常に使えるホテルだと思います。

風呂から出ると時刻はすでに深夜3時頃になっていたのですぐ寝ることにしましたが、昼に飲んだチオビタのおかげか全然眠くない。
チオビタはその日の日中の覚醒を維持するために飲んだんですが、夜中まで効果が持続してるんでしょうか。
元々夜型人間なのでその影響もあるんだとは思いますが、結局1時間寝たのかな〜?っていうくらい寝た記憶が無いまま、窓から見えるド晴天の空を見て起床↓
22.jpg
これは4時過ぎの窓からの風景。
チェックアウトは10:00なのでまだまだ時間はあるので、この後もう少し寝ようとゴロゴロしてましたが寝れず、寝れないんだったら明るい時間を有効活用しようと7:00頃にチェックアウト。

さてここからどこへ行くかと考えて、西の方へ回りつつ南下して、前回入れなかったクリスタルラインを逆側から通って帰ろうと思いました。
ついでに長年行こう行こうと思ってて行けなかった「いい感じのダート道」も経由する予定(上記記事に記載あり)。
適当に道を西の方へ進んでいくと、あれよあれよという間に住宅の間を通る細い道になっていき、このような場所に出ました↓
23.jpg
この風景すげー見たことあるなぁと考えると、南アルプスの中を通る林道に入る所そっくり。
場所も近い気がしたので「いつの間にかたどり着いたのかな?」と思って進むと民家にたどり着くだけの全然違う道でした。
山と町が妙に似た位置関係だったので勘違いしてました。
元の道に戻ってしばらくは普通に交通量のある幹線道路を進んでいくと、田んぼが広がるだだっ広い風景の地域になりまして、もっと交通量の少ない道を通ろうと横道に入りました↓
24.jpg
マップを見るとこの道を行けばクリスタルライン入口付近へのショートカットにもなりそう。
進んでいくとやはり気分のいい貸し切り感満点の道でした。
さらに進んでいくと民家が次第に少なくなっていき、周辺の森から大音量の虫のような鳴き声(ひぐらしに似てるけど違うヒリヒリヒリ…と鳴き続ける声と、キッキッキッキという鳴き声の混合)が、無数にあたり一面から聞こえてくるという、大自然にも程がある地域に差し掛かりました。
そして道はダートになりまして、現れた看板曰くこの辺は国有林とのこと↓
25.jpg
最初はこのような非常に走りやすいダートだったんですが、次第に砂利が多くなり、謎のギャップが約5m間隔で延々と続く道になりました↓
27.jpg
写真ではわかりにくいけど赤い囲みの中がギャップ。
一旦盛り上がってからえぐれたように溝があるという波のような形。
これが必ず道を横切るように何度も何度も出てきます。
ちなみにマップはこんな感じ↓
26.jpg
モロに山の中通ってます。
そのギャップというのが非常に質の悪いもので、XLのリアサスの硬さも相まってメッチャクチャ走りにくい。
バハだったら3速30〜40kmくらいで走り抜けてもそれほど疲れなさそうな感じなんですが、XLのリアサスは手でシートに体重をかけて押し込んでもほとんど沈まないくらい異様に固くて、マンホール程度のわずかなギャップでも「ガツン!」と尻に衝撃が来るくらいなので、このギャップだと20km以下で舐めるように進まないと体力持たないという印象でした(内蔵に良くなさそう)。
このクソギャップ道が延々と続くので次第に不安になって「戻った方がいいかな〜」と挫折しそうになりましたが約4.5km、時間にして約30分ほど進むとやっと舗装路に出ることができました↓
28.jpg
この時の安堵感はなかなかのものでした。疲れたー。
今あらためて考えてみると、このリアサスは純正のダンパーが抜けてたので安物サスに交換したものの、そのサスがまた硬かったので、スプリングだけ純正に替えたんですが、それでもほとんど乗り味が変わってないわけなので、スプリングが硬いというよりも、取付部の狭さ(過去記事参照)ゆえの締め付けによる動きの渋さがこのクソサスっぷりの最大の原因なんではないかと今思いました。近い内になんとか改善してみよう。

話は戻りまして、この舗装路は蓼科スカイラインというらしいです。
いかにも高原地帯といった雰囲気のこの道を進むと、いきなりこのような建設中の施設が現れました↓
29.jpg
「深宇宙探査用地上局」を建設中だそうです。
写真だといまいちわかりにくいですが、肉眼で見るとかなり巨大です。
説明看板↓
30.jpg
直径54mの大型パラボラアンテナ…完成したら見に来たい。

しばらくは木々の間を走る道でしたが、いきなり見渡しのいい場所に出ました↓
31.jpg
うまい具合に路肩に待避所のようなスペースがあって、内側には何かが建設されそうな更地があって簡単な柵で囲まれています。
交通量もたま〜にツーリングバイカーが通るだけで、眺めも良く、気温も程よく実に快適な場所だったので、地べたに座って小休止。
昨夜ホテル近くのコンビニで朝食用として買ったものの食べずに取っておいたタマゴサンドを食べました。
高原らしく、細切れになった小さな雲に手が届きそうなくらいに近く見えます。
ちなみにいつからかよくわからないんですが、タペットクリアランスが狂ってきたのか、どこかのネジが緩んでるのか、エンジン回転を3,000rpm以上に回すとヘッド付近から「ビ〜」とか「ジ〜」といった金属が緩んでどこかに接触してビビっているような音が聞こえるようになり、それが妙に気になるようになりました。帰ってからメンテしないと。

休憩ポイントからちょっと進んだ地点↓
32.jpg
ガードレールも無く眺めがいいです。

さらに進むとチラホラと洒落た家が現れるようになりまして、所々には「私道につき一般車両侵入禁止」といった感じの看板や「蓼科ソサエティ倶楽部」なんて重厚なネーミングの看板が出てきて、別荘地であることがわかりました。
これはその別荘地の近辺↓
33.jpg
実にいい雰囲気なんですが、冬は厳しいんだろうな〜。
今調べてみるとこの辺はバブル期に建設された別荘地だったんですが、今はかなり廃れてしまったようで、現在はけっこう安い価格で別荘が買えるとのこと(300坪110万円って看板もありました)。
すごくいい場所なんですが、長期間生活することを考えると人里からかなり離れているので、食料調達や普段の買い物に難儀しそうです。
まぁ今の御時世、ネット通販でなんでも買えちゃうので意外とやっていけそうな気もしますが、やっぱり豪雪になったらヤバそう。

別荘地からさらに西進して女神湖に到着。
女神湖のかなり手前でガソリンがリザーブに突入して、いつ給油できるかわからないので長い下り坂はエンジンを切って進行(合計10kmほど転がりました)。
やっと見つけたGSにて給油してみると燃費は26.6km/l…悪い!
これは確実に国有林の連続ギャップ林道で2速固定の極低速で走り続けたのが原因と思われます。
女神湖から進むとすぐに白樺湖に出ました。
時刻は11時過ぎでしたが、ちょっと観光地度合いが高すぎるというか、人もそこそこ多くてあまり長居する気が起きなかったので廃ホテルの写真だけ撮ってスルー↓
34.jpg
ホテルオークラ?いいえ、ホテル大蔵です。

白樺湖から南下する国道152号で茅野市に入ったらR152を外れて南東の方角に進路変更。
この方向に「いい感じのダート道」があるのです。
R152とR299の間にある道↓
35.jpg
実に快適な道でした。

もうちょい進んでR299を渡って東進すると畑の広がる風景に↓
36.jpg
なんか「いい感じのダート道」に近づいてきた感じがします。
さらにマップを確認しながら適当に進んでいくと、次第に高原らしい気分のいい風景になっていきます。
ただ、舗装路にまたしても定期的に現れる謎のギャップ(道路を横断するヒビ)が多発して、ガツンガツンと実に不快。これやっぱリアサスおかしいな。
そして「いい感じのダート道」に向かうと思われる道に入ったと思ってズンズン進んでいくと、たしかに風景はそれっぽいんだけど妙に車の交通量が多く、確実に別荘地みたいな雰囲気になっていきまして「あれ?こんな別荘地あったっけ?」とマップを確認すると「蓼科高原 チェルトの森」とかいう別荘地の真っ只中で、ぼくが目指す「いい感じのダート道」は南の川を挟んだ向こう側でした。
マップで見ると別荘地もいい感じのダート道も同じような方角に向かう道なので間違って入ってしまったようです。

ちなみに「いい感じのダート道」というのはこれ↓
IMGP0014.JPG
この写真は2004年の4月にセローで遠出した時に撮ったものですが、その後ここがどこなのか正確な位置を忘れてしまい、もう一度この場所に行こうと何度かこの場所を探しにいったものの発見できず、数年前にやっとグーグルマップで位置を特定できたという場所なのです。
ストリートビューで見ると2012年6月に撮影された風景が見られるわけですが、すでに舗装されていてダートにはなっていないのは確認できました。
でも相変わらずいい感じの雰囲気は失っていないようなので、もう一度訪れて上等なカメラで撮影しようというわけです。

間違った道を修正してついに「いい感じのダート道」付近に到着↓
37.jpg
しかし、無粋な柵が設置されていてちょい残念。
2012年ではまだ柵はなかったようです(ストリートビュー)↓
39.jpg
あ〜もったいない。

そして14年越しの再訪となる「いい感じのダート道」撮影ポイントに到着↓
38.jpg
う〜わ…無残な風景になってました…。
太陽光発電システムってやつでしょうか。
最近、地方の人里離れた所に行くとこれがやたら建設されていてなんか納得できないんすよね〜。
まぁ部外者がとやかく言えるもんじゃないとは思いますが、もっと景観を壊さないようにしてほしいもんです。
発電するなら河川の横に設置する水力発電タイプの施設だったらもっとコンパクトで高効率だし、景観もそれほど壊れないと思うんだけどな〜。
ここも2012年の時点では手付かずだったようです↓
40.jpg
もっと早く訪れていればよかった…あ、でも2012年以前じゃ上等なカメラも持ってなかったか。
というわけで「いい感じのダート道」は完全に消滅してました。残念。
あまりにも残念な風景だったので写真もあまり撮らずに出発。

この後はクリスタルラインを通って帰るつもりでしたが、先程の残念な風景のショックと舗装状況の悪さによる疲れ(リアサスのせい)で、もうキレイな道で帰ろうとクリスタルラインはやめて国道20号を目指します。
その途中で特に空腹というほどでもなかったんですが「富士見高原リゾート」とかいう観光地に用足しついでにフラフラ〜っと入っていき、観光地なら絶対売ってるソフトクリームを購入(一口食べてから思い出して撮影)↓
41.jpg
久々に食べたら美味かったです。
入り口付近はけっこう車も多かったのに、この施設は妙にガラガラでした。

この辺の道は舗装状況がよろしくなく、リアサスのクソ状況と相まってどんどん体力を奪ってきます↓
42.jpg
こんなガタガタ舗装やヒビ割れが頻発。
まぁリアサスがちゃんとしてればさほど問題ないんだろうけど。

R20に入るとさすがに舗装状況はまともになって気兼ねなく走れましたが、甲府から先をどのルートで帰るかという選択をする必要が出てきます。
この日はいつもの平日ではなく日曜日なので、富士五湖ルートやR20ルートは絶対混んでそう。
ということで必然的に塩山から小菅村を通って帰る田舎道ルートに決定。
チオビタの効力もとっくに切れていたので、家までの見飽きた道中で眠くならないために塩山の町中にあったドラッグストアでドリンク剤を買って駐車場に戻ると、かたわらのベンチにいた同世代くらいのライダーに「これずいぶん珍しいバイクですよね、40年くらい昔のですか?」と話しかけられまして、一時のバイク談義(笑)。こういう旅の途中に出くわす一期一会のコミュニケーションっていいもんすね。
その後、給油をすると燃費37.6km/l達成〜!XLに乗り始めて最高の燃費です。
途中のR20で渋滞にハマった時に、すり抜けするのも疲れる(エンジンのメカノイズが気になって飛ばしたくない)から車の後ろでマジメにノロノロしたこともありましたが、妙に低燃費になりました。

そこからはもう何度も通った道をボッケ〜と走り、毎度おなじみ陣馬山の和田峠を経由して帰ってきました↓
43.jpg
家の近所のGSで最後の給油。燃費は33.4km/l。街乗りでの無難な数値と言えましょう。

いい天気、いい風景、いい出会い、いい思い出もたくさんありましたが、リアサスのクソっぷりとエンジン周辺から聞こえるようになったメカノイズが気になって後半はなんだか疲れました。
近い内に全部解決しなければ。
あと、教訓として遠出時にはヘッドライトバルブの予備を持っていくということを学びました。

★旅データ★
総走行距離:564.9km
初日走行距離:192.9km
2日目走行距離:372km

初回給油:116.5km 燃費33.3km/l
2回目給油:199.3km(内エンジン始動188.6km)燃費26.6km/l
3回目給油:118.3km 燃費37.6km/l
ラスト給油:130.8km 燃費33.4km/l
平均燃費:32.7km/l

ガソリン代:2,878円
食費:2,658円(自販機は一度も使わず)
宿泊費:4,200円
電球切れトラブル:1,000円
合計:10,736円
posted by 文鳥 at 06:58| 東京 ☀| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

メーターとフェンダーのレストア

ebay(セカイモン)が気軽に使えることを知ってから、ちょいちょいXLのパーツを検索してたら、左右メーターのセットで程度良さそうなものを発見。送料込みで14,281円ということで購入〜。
というのも、最初から付いていたメーターは機能的には全く問題ないんですが、見た目の程度が良くないんです↓
47.jpg
プラスチックの外装はけっこう程度いいんですが、文字盤は日焼けで退色しまくり、文字盤を留めるネジは錆びています。タコのインジケーター窓も、ニュートラルの方が紛失しているという有様。
当初は「イギリス向けのメーターならkm表記だろうから、後々探すか」なんて思ってたんですが、いざ調べてみるとイギリス仕様もマイル表記だったというオチ…。
んで、とりあえずこの見た目だけでもキレイにしとこうと思ってアメリカから買ったわけです。

約2週間後にメーターが到着↓
01.jpg
タコメーターは文字盤に極わずかに汚れのようなものが付いてるものの、ほぼデッドストックのような程度の良さでした。
しかしスピードメーターは文字盤に白いモヤのような色ムラがありました。写真ではメーター窓に写った反射かと思ったんですが…これはちょっと残念。
裏をみるとこれは両方共キレイでした。バラした跡も見受けられません↓
02.jpg
この年代のホンダ車のメーターは主に、このプラボディと鉄ボディの2種類があるんですが、プラの方はライターでプラ外装の縁を加熱して、ヘラのようなものでこじれば簡単に開けることができ、なおかつこの部分は組んでしまうと外見からはバラしたことが全くわからなくなるという、改造好きな人には嬉しいメーターなのであります。
ちなみに、XLに元から付いてたスピードメーターは実はバラした跡がありました…まぁ機関の程度さえ良けりゃ走行距離が何kmいっててもかまわないんですが、欲を言えばオリジナル距離であってほしかった。

で、やはりこの白いモヤは消したくなるので早速バラし↓
03.jpg
ティッシュにレンズクリーナーを付けて軽く磨いてみるとモヤはほぼ取れたんで元通り組んで、タコメーターと並べて上機嫌に眺めていたら「なんか文字盤のツヤが違う」ということに気づいてしまいました。
ティッシュで磨いたことによってツヤが出てしまったんですね〜。しかも微妙に色味も変わってしまった様子。
そこで仕事で使ってるツヤ消し塗料でも吹けばツヤも色味も同じようになるんではないかと、再度バラしてツヤ消し塗料を吹いてみると…↓
04.jpg
文字盤の縁に謎の白化現象が発生(写真1)。
スパチュラ(金属製のヘラ)で慎重に擦ってみると、今吹いたツヤ消し塗料と、元々塗装されていたと思われるクリアー塗装面も一緒に剥がれたような感じになって、地の青塗装が出てしまいました。
「やばい、失敗したかも…」という焦りを抱きつつ「全部キレイに剥がして再度ツヤ消し塗料吹けば大丈夫かな」と今思えばかなり無茶な考えで剥がし続行した結果…取り返しのつかない状態に(写真2)。
白い文字までガビガビになってしまった〜!どうしよ〜!と若干パニクりながら次にしたことは…↓
04b.jpg
ヤケクソじゃ〜!とツールウォッシュにドブ漬け。
するとどういうわけか青塗装だけ剥がれて白と赤塗装だけ残るという状態に。
一旦これ以上塗装を剥がすのはやめて、落ち着いて対策を考えてみましたが、この上からブルーを吹いても白や赤の色味が変わるか埋まるかしてしまうだろうし、自力でこれを元通りの状態に復元するのは無理!と判断。

いろいろ考えたあげく、文字盤は一旦置いといて、今度はマイルをkm表示にする方法を考えます。
スピード表示は別にそれほど重要ではないんですが、なんといってもトリップメーターで燃費やガソリン残量を把握している身としてはマイル表記は面倒くささ半端なし!(算数超苦手なのでx1.6の暗算ができない)
そこでふと、ずいぶん昔に250TRの中古メーター(900円だった)を買ったものの使わずに倉庫にしまったままだったのを思い出し「中身移植できないかな?」とトライ↓
05.jpg
250TRのメーターは程度が非常に良い状態でしたが、これでボロになりました(笑)。
結果は…形状が違いすぎて無理でした。同じ日本精機なんだけどな〜。

他に使えそうなメーターといえばXL250S(後期型)の純正メーターがあったのですが、これはレアアイテムなのでキレイに取っておくことに。
XLR250BAJAの純正メーターもありますが、これもキレイなのでバラす気にはなれません。
というわけで、今度はヤフオクで移植できそうなものを検索。
比較的程度良さそうなCJ250Tのメーターを購入(15,000円)↓
06.jpg
程度が良ければこのまま使おうかと思ってましたが、実際に届いてみたらそれほどキレイではなかったので内部移植することに。

このメーター窓が凹んでいる形のものは外装が鉄プレスなのでプラ製のものより若干重く、キレイにバラすのが少し困難です。
メーター下部の鉄カップのカシメられている部分を全部広げていくわけです(赤矢印部分)↓
07.jpg
このメーターはバラすだけならそれほど難しくはないんですが、この部分は組んでも外から見えるので、戻す時はキレイに戻さないといけません。まぁ今回は戻さないからどうでもいいんですが。
で、ホントは最初にトリップのリセットノブを抜いとかないとバラせないんですが、このメーターのノブがどうやっても抜けない(検索したけどぼくの知りたい情報は出てこない…)ので、とりあえずカップを開けて、ノブがどうやって接続されているのかを見ようとしたんですが↓
08.jpg
ねじ込み式なのか圧入式なのかわからない…。
渾身の力で引っ張っても抜けず、シャフトをラジオペンチで掴んでノブだけ回しても(逆ネジ回転も試した)回らず、はたまたノブの頭の真ん中からネジ止めしてるのかと思いきやネジ穴が無い(写真赤矢印)。
プラボディの方はネジ止めなので非常に簡単なんですが、なんでこの鉄ボディの方はこんな厳重なんだ?構造的に考えると鉄ボディの方が古いってことなのかな?

結局、ノブ根元のダストカバー(劣化しててすでに割れてた)を壊して無理やり内部を外すことに成功(写真上)↓
09.jpg
プラボディに移植することを考えるとやっぱりノブは抜かないと入らなそうなので、トリップメーター部分をバラしていくと…結局ノブをどうやって抜くのかわからないまま終了〜(写真下)。
軸とノブの接続部分を見ると、軸が一部平らになっていたので恐らくねじ込み式ではないとわかりましたが、異常な力で圧入されてるのか、どんなに頑張っても引っこ抜けませんでした。ノブの軸には小さい穴が開いているのでピンでも入ってるのかと思いきや、そういう感じには見えませんでした。そもそもピンがあったとしても外装の外からアクセスできる位置じゃないのでやっぱり謎。
しかもトリップ機構を元に戻せなくなる(小数点以下のコマがリセットされない)というオチもおまけに付きました…。

そして泣きっ面に蜂というべきか、このトリップメーターの方式がプラボディの方式と違っていて、ノブの軸位置が微妙に違ったのです(ちなみにプラボディのリセットノブは、現在一般的な全桁が一斉に回ってリセットできるものではなく、一番小さい桁から回す…つまりギアがフリーになって、ノブで下の桁から順に回せるようになるってだけの機構で、100マイル近く回っていると1〜2分ほどクルクル回さないとゼロにならないという、非常に面倒な方式なのです。唯一の利点はオンオフがあるので間違って回しても動かないことくらい)。
こうなるとこの内部をそのまま移植するにはプラボディの方のノブ穴を移動させないといけないんですが、微妙にズレた位置なので穴がかぶる位置となり、加工するにしても非常に面倒なことになりそう。
お手軽な方法としては余分にあるタコメーターのボディに穴を開ける方法がありますが、もっと簡単にできないもんか…と、鉄メーターとプラメーターの内部を見比べていたら…問題を一気に解決できることに気が付きました!
2個のギア部品を交換するだけでkmに変換できそう↓
10.jpg
写真上の赤矢印部分のギア比だけが違うようなのです。
向かって右がプラメーター(マイル表示)、左が鉄メーター(km表示。トリップ部分が無い状態です)。
内部機構のフレーム形状もほっとんど同じなので、トリップ部分だけ移植する方法もいけそうなんですが、片側の軸受の径だけが違うようなので少し工夫がいるかもしれません。というか、ギア交換する方が圧倒的に簡単。
ちなみに鉄メーターの内部にはスピード警告灯用の機構としてドームっぽい部品の上に薄い板があり、これがセンサー(電磁石的な機構。写真ではすでに取り外した後)に反応して作動するようになっているようです。

2個のギアの取り外しはフレーム下部にある、縦ギアの下がはまっている部分(上記写真の赤矢印部分の下の板)を大きいプライヤーで曲げて、プラスネジ2本で留まってるメーター針の軸受け部品を外すとあっさり取り出せます↓
11.jpg
向かって右がマイル表示用、左がkm表示用。
マイル用はかなりすり減ってました。このまま使い続けたら近い内に回らなくなりそう。kmの方はまだまだ使えそうで一安心。

ギアの交換に成功↓
12.jpg
この写真ではまだ軸受け部品は入れてません。
曲げた板を戻す際は、ギアの動きが渋くならない程度にわずかなガタを持たせました。
ちなみに鉄メーターの方は文字盤にピンが打ってあって、それにメーター針がひっかかってゼロに止まるようになっており、この機構の場合、文字盤(針)を外す際にゼロ位置をマーキングしておく必要があるようですが、プラメーターの方は文字盤にピンは無く、内部のメーター針の軸部分にストッパー(ドーム上部に飛び出た板が当たるようになってる)が設置されているので、ゼロ位置マーキングの必要がありません。
あと、文字盤もプラメーターの方はアルミ板なのに対し、鉄メーターは光が透過するプラ板、という違いがあります(ややこしや〜)。

軸受け部品ですが、これも鉄とプラでは仕様が違うらしく、この部品は鉄メーターの方が組みやすくできていました↓
13.jpg
赤矢印部分の丸い真鍮部品の縁が違っていて、鉄メーターの方がテーパー加工されているので組む際に軸が入りやすいのです(文章では説明が難しいのですが、やってみるとわかる)。
この部品が入ってないとメーター針の軸がグラグラぶれてしまいます。

内部機構をkm仕様に変換できたということで、いよいよ文字盤を復活させることを考えます。
手っ取り早く済ますために、まずはメーター修理の業者さんを検索。
そして都内で腕の良さそうなショップを発見したので、早速ボロボロの文字盤とタコメーターの文字盤、参考にとCJの文字盤も持っていきました。
非常にオシャレな店舗に入って店主さんに文字盤を見せて事情を伝えると「お!ご自分でバラしたんですか!」と感心してくれましたが、メーターまるごと持ち込みの場合と料金は変わらないようで「う〜ん、ここまでできるんならご自分でやられた方がいいかも…」と難色を示すので、さらに話を聞くと、なんと1枚だけで25,000円とかなんとか…たたたたけぇ〜!
店主さんは「文字盤だけ持ち込んだお客さんは値段聞いてみんなビックリされますよ」と苦笑い。
ていうか、自分の儲けよりもお客さんの懐具合を考えて「やめた方がいい」なんて進言してくれるとは…優しい店主さんだな。
まぁサイトで仕事っぷりを見るとお金持ちのお客さんが多いみたいなので、こんな貧乏なお客が一人二人いなくても大丈夫なのでしょう(笑)。

というわけで文字盤は自力でなんとかしようと決断。
ネット検索で度々「メーター文字盤自作」なんて記事がたくさんあったのでいろいろ参考にさせていただきました。
幸いぼくは仕事関連でイラストレーター(Adobeのソフト。ベクターデータを作成できる)を長年使ってたので文字盤データは簡単に作れます。
問題はそのデータをどうやって文字盤に転写するのかということ。
ネット情報ではエーワンの「屋外でも使えるステッカーシート」というのが使えるとのことだったので、早速ヨドバシカメラに買いに行くと何種類か似たような商品がありまして、インクジェット用のやつを買いました。

タコメーターはかなりキレイなんですが、このまま使っててもいずれ劣化するのは明白(古い塗装だから)だし、この際だからこれも作り直しちゃおうとバラし↓
14.jpg
インジケーターレンズはこのような黒い接着剤でくっついてました。
文字盤表面にあった細かい汚れのようなものはアルミ板の腐食でした。

それぞれの文字盤をスキャン↓
15.jpg
1:タコメーター、2:XLのスピードメーター(マイル表示)、3:CJのスピードメーター(km表示)。
純正のまま復活させてもいいんですが、スピードメーターはkm表示に改変するし、いろいろ考えていくと少々アレンジしたい部分もあるなぁとあれこれ考えてこのようなデータが完成↓
16.jpg
基本は輸出仕様の英語表記メーターで、色味もXLのものを踏襲。
フォントも純正風味にこだわって、似たようなフォントを改造(アウトライン化して一文字づつ形状変更)。
スピードメーターにある注意書きも位置を少し変えて、レッドゾーンはタコメーターと共に統一感を持たせた形状に。
ついでにゼロの位置もスピードメーターと同じになるように変更。
色味を見るために普通紙でテストプリントした後に若干色味調整を施し、本番プリント↓
17.jpg
この状態はまだ保護フィルムを貼ってない状態です。
これを丁寧に切り抜いて、まずはボロボロだったスピードメーターに貼ってみました↓
18.jpg
向かって右は純正状態のタコメーター。左がスピードメーター。
保護フィルムを貼るとかなりテッカテカなのがわかります。
これじゃ純正っぽくないし、いかにも「自作しました」感がありあり。なによりも反射して見にくいので、ツヤ消しクリアーを吹いてみると…↓
19.jpg
おぉ〜なかなかいい感じ〜。タコメーターも一気に張替え。

ちなみにタコメーターのインジケーターレンズの裏側には、PET樹脂のプラ板を貼っています(写真下)↓
20.jpg
これはなんでかと言うと、LED化したインジケーターランプが非常に眩しかったためで、ホントは配線に抵抗を入れれば暗くなるらしいんですが、いくら検索しても何オームの抵抗を入れればいいのか数値が出てこず、計算式だけは見つかったんですが、算数苦手なぼくには理解不能だったので断念。
レンズは経年劣化で使用中に剥がれたら面倒なので、一旦剥がしてシリコン系接着剤で再接着&密封(写真は瞬間接着剤で仮止めした状態)。

組み上がったメーター内部↓
21.jpg
オドメーターは元から付いてたメーターの距離をkm換算した数値に合わせました(ギアを抜いた状態で、電動ドリルに両面テープを貼った机の脚の先端を付けて、それをオドメーターに当てて高速回転させました)。
これで総走行距離がわかりやすくなりました。まぁ元のメーターの距離が正しいという前提ですが…(もっといってそう。まぁエンジンオーバーホールした時にゼロにするから別にいいや)。
あと針の先端の蛍光オレンジも復活させましたが、プラモ用塗料だから劣化するのは早そう。

すべて異常無く終わったらメーターボディに組み込みます↓
22.jpg
バラす時と同じく縁をライターで炙って曲げて(写真上)全部閉じたらスキマにシリコン系接着剤を充填して密封(写真下)。
スピードメーターは内部フレームと底板をバラしたので、そのスキマに薄いスポンジを挟んでからシリコン接着剤で封をしています。
純正では緑色の塗料のようなもので封がされているようです。

メーターレストア完了〜↓
23.jpg
ついでにメーター窓を研磨し直してからコンパウンド→ワックスで磨き上げました。

まだ完了じゃなかった、メーターベースの内部にあったボロボロラバーの輪っかはポロンスポンジで張替えました↓
24.jpg
CJに付いてたやつはそれほどボロくなかったけど、一部溶けてたし、そもそも純正の輪っかは耐久性が低そうなので使用しません。
交換したおかげでメーターボディをしっかり保持するようになりました。

新旧メーターの比較↓
25.jpg
1がスピードメーター、2がタコメーター(新旧がチグハグになってしまった)。
色味も「純正新品」って感じになったかと思います。

取付後に横から確認すると、今までのベースラバーがグチャグチャだったせいで、メーターボディがいかに斜めっていたかがわかります↓
26.jpg
ちなみにレストア後のメーターボディは黒プラ復活の定番塗料である樹脂ブラックを吹いてます。

ひとしきり走行後に撮影↓
27.jpg
km変更もしっかりできていました。
やっぱり瞬時にkmで数値がわかるのは非常に気分がいいです。
マニア以外の方にはどうでもいいことかと思いますが、ゼロ位置が左右で同じ角度ってのが我ながらカッコいいアレンジだと思います(笑)。

インジケーターランプの減光も非常にうまい具合にいきました↓
28.jpg
この写真はちょっと肉眼よりも暗めに処理してるので文字盤が見えにくくなってますが、夜間のインジケーターランプの印象はこんな感じに全然眩しくない状態になりました。もちろん昼間もちゃんと光ってるのがわかります。
減光する前は、顔にLEDの懐中電灯を思いっきり照らされたような眩しさで、先の暗い夜道が見えにくくなるほどでした。

メーターの作業と平行して、前後フェンダーもレストアしてみました。
というのも、特にリアフェンダーが直射日光だか紫外線だかオゾンだかで激劣化しておりまして、それはそれは酷い有様だったのでございます↓
30.jpg
手触りはPP(ポリプロピレン)樹脂とは思えない硬いタッチで、爪で引っかくとパリパリ薄皮が剥がれそうな状態でした。

これを毎度おなじみ研磨ツールのアシレックス(正式名スーパーアシレックス)スカイの粗目→細目→レモン(800番手相当)→オレンジ(1500番手相当)→バフレックスグリーン(2000〜2500番手相当)→バフレックスブラック(15000番手相当)と磨いていきます↓
29.jpg
写真下はたしかオレンジまで磨いた状態だったかな?レモンだったか?

しかしこの面積全体を研磨するとなると相当な労力と時間が必要で、しかも劣化でできたヒビはかなり深いところまで来ているようで、そう簡単には消せません↓
31.jpg
これもレモンだかオレンジだかまで磨いた状態だったと思います。面積が広すぎて念入りに磨けず、かなり粗い感じになってしまってます。

結局、バフレックスグリーンをいい加減にかけた段階で精魂尽き果てて、ブラックを割愛してコンパウンドがけ(電動リューターにて)をするとけっこうテカテカになったので「今回はこれくらいにしといてやろう」と終了↓
32.jpg
写真はシリコンルブリカントを塗り込んだ状態ですが、やはり磨きが中途半端なので完璧なツヤは出ていません。
まぁ最初の何もしてない状態に比べたらかなりマシになったとは思いますが。

フロントフェンダーはリアほど劣化してないので研磨せずにクレポリメイトかけて終わり↓
33.jpg
でも細かい傷が多いのでホントはこれも研磨した方がいいんすよね〜。
PP樹脂は表面が劣化して固くなっていたとはいえ、傷やヒビを完全に消そうとすると本来の軟質な性質が顔を出し、非常に研磨し辛い状態になりました。
電動グラインダーにデカいバフ付けてやらないとダメだなこりゃ。

とりあえず一銭にもならないレストアはここまでにして、仕事進めないといいかげんヤバいです。
posted by 文鳥 at 05:53| 東京 ☀| Comment(1) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

いろいろ改良

前回の記事にある遠出の時もそうだったんですが、購入から2ヶ月放置とかもあってバッテリーがもうダメになってました。
バッテリーは一度上がってしまうと、いくら走って充電しようとしても蓄電されないようで、遠出から帰宅した時もウインカーは回さないと点滅しない状態でした。
まぁXL250-K2の点火はマグネット式(ジェネレーターからの電力をバッテリーを介さずに点火に使うシステム。厳密には小さなコンデンサーが間に入ってます)なので、始動や走行は全く問題なかったんですが、ダメになったバッテリーをそのまま使っていると、レギュレーターとかの周辺電装品にも悪影響があるとかいう話もネットにあったので、こりゃなんとかしないと、と行動を起こしました。

ぼくは前々からこのバッテリーというものがどうしても好きになれなくて、現代のバイクがほとんどバッテリー点火(ジェネレーターからの電力は全て一旦バッテリーに貯めてから、いろいろな箇所に分配するシステム)になってしまったことが残念でなりません。
バッテリーがダメになったら押しがけもできないなんて、バイクのメリットが一つ無くなったようなもんだと思います。
過去に乗ってた2000年式セローを手放すきっかけもこのバッテリー問題が原因でした。
毎日通勤に使うとかしてればバッテリーでも問題はないとは思いますが、そうしょっちゅうバイクに乗らない生活ではバッテリー車だとすぐ上がってしまうので、2005年のXLR250BAJA購入以降は「バッテリーレス車以外考えられへん!」となっておりました。

XL250-K2は純正状態でバッテリー搭載車ではありますが、現在当たり前の12Vではなく、6Vでシステムが組まれています。
しかし今回購入したXLは過去のオーナーさんが12V化キットを導入していたようで、電装類は全て12V用のものになっています。
電装系は全然勉強してなかったのでよくわかりませんが「12V化」といってもジェネレーターコイルの発電量は何も変わっておらず、結局バッテリーにちゃんと充電されていないと12Vの恩恵は得られないというもののようです。
しかもバッテリーがしっかりしていた頃は、ハイビームは現代の車両並に明るかった(といってもハロゲンレベル。これで十分!最近のHIDとかLEDヘッドライトは嫌い)のですが、ロービームは本来の6V電球より暗いんじゃないかという状態でした(昔の自転車のダイナモライトに毛が生えた程度な感じ)。
これはハイビームがバッテリーからの電力で点灯する回路であるのに対し、ロービームは点火と同じくバッテリーを介さずにジェネレーターの電力をほぼそのまま使用する回路のためで、これじゃ夜間はバッテリーがダメだと話にならない(むしろ6Vのままの方が明るかったのではなかろうか)。

いろいろネットで調べて勉強すると、最終的にはやはりジェネレーターコイルの巻き直しをしないとならないんですが、今回はその前段階ということで、バッテリーレス化することにしました。
一番重要なのはなんといってもバッテリーの代わりとなるコンデンサー。
コンデンサーといってもいろんな種類がありまして、一般的にバッテリーレスキットに使われているのは「アルミ電解コンデンサー」というものです。
コンデンサーのスペックは主に静電容量(どれだけ電気を貯めることができるかという数値)と耐電圧値(どれだけの電圧に耐えられるかという数値)と耐熱温度(表記以上の温度で使用すると寿命が極端に短くなる=表記以上の温度では使わない方が良い)で表されており、静電容量はμF(マイクロファラッド。ちなみに100万μFで1Fになる)、耐電圧値はそのままV(ボルト)、耐熱温度は℃で表記されます。
容量は多いに越したことはないのですが、一番重要なのは耐電圧値。
ジェネレーターからの電力は6V車だからといって6Vしか出ていないというわけではなく、回転数によってその数値は変動し、時には瞬間的に大きな電圧が発生することもあるようで、コンデンサーの耐電圧値は使用電圧の2倍あれば安心とのこと。
容量はかなり大きい数値のコンデンサー(万単位のμF)でも、バッテリーに比べると屁みたいなもので、エンジンをかけてないとすぐ放電しきってしまう程度です。

ここで余談ですが、いろいろ調べていくと最近はコンデンサーの世界にも革新的な物が登場しているようで「電気二重層キャパシタ(EDLC)」という存在が出てきます。
驚くべきはその静電容量。なんと普通に10F(大容量とカテゴライズされる1万μFの電解コンデンサーが1,000本分…)とかあります。
そうなるとやはりこのEDLCを使ったバッテリーレスキットを自作している人がチラホラいらっしゃるようで、なんでもエンジンを止めて数十秒もウインカーを作動させたとか、キックスターターのあるバイクはこれ積んどきゃいいんじゃないかとか魅力的な話が出てきますが、EDLCは耐電圧値が電解コンデンサーよりかなり低いものが多く、直列で何個か繋げば耐電圧も上がるんですが、充電のバラつきを抑えるための回路が必要になる上に、直列でつなぐと容量が「1/つないだ本数」に減ってしまうとのこと。
しかも耐熱温度も電解コンデンサーに比べると低いので、XLに搭載する位置(マフラーとエアクリボックスの間)を考えるとちょっとマズそうな感じなので今回はEDLCはパス。

というわけで前置きがかなり長くなりましたが、購入した電解コンデンサーはこれ↓
01.jpg
22,000μF 25V 85℃を2本(写真1)。
秋葉原の秋月電子にて、1本450円(税込み)安い…。
それをスポンジでくるみます(写真2)。
スポンジはホムセンで売ってた「ポロンスポンジロール」ってやつ。
コンデンサーの底面(上面?)の平らな部分には十字のモールドが入ってますが、これは万が一の過充電だかで内圧が異常に高まった際に、破裂を防止するために、この十字から裂けて内圧を逃がす仕組みらしいです。
なのでこの面にはスポンジは貼っていません。

その他バッテリーレスキットに必要な部品類↓
02.jpg
太めの配線、コンデンサーの入る箱、配線の出るとこに使うグロメット。
近所の電子パーツ屋さんにて、合計787円(税込み)安い…。

組み立て開始↓
03.jpg
箱内部の基盤取り付け用ネジ穴を削除するとコンデンサー2本がぴったり入りました。

コンデンサーを並列繋ぎ↓
04.jpg
ちなみに直列繋ぎだと容量は1/本数に減ってしまいますが耐電圧が上がり、並列だと容量が加算されます(耐電圧には変化無し)。
この場合、44,000μFとなります。ちなみに電解コンデンサーには極性があって、端子の短い方、又は本体のラインのある方がマイナスです。

購入当時から付いてたバッテリーはギボシ端子でXLのハーネスコネクターとつながっていたので、このギボシから先をそのまま使用します↓
05.jpg
バッテリーも時代とともに進化しているようで、検索するとリチウムイオンもあるんすね。でも結局寿命短いからいらない。

箱に穴を開けて配線を通した図↓
06.jpg
コンデンサーに振動は良くなさそうなので、当たる部分には全てスポンジを貼っています。

蓋の合せ目と配線が出る部分をシリコン系接着剤で密閉↓
07.jpg
発熱を考えると完全に塞がない方が良さげな気もしましたが、発熱より湿気や埃の侵入を阻止する方が得策かと判断。

バッテリーレスキット完成〜↓
08.jpg
念を入れて箱の外側にもスポンジを貼りました。

バッテリーとの重量比較↓
09.jpg
XLに関しては純正らしさを維持することを重視してるので、軽量化もほとんど考えてませんが、バッテリーレスにすることで約800g軽くなりました。
余談ですが、XLに乗ってみて、意外と重い車体ってのもいいなぁと思いました。ただ新鮮なだけかもしれませんが。
「乗り物に乗ってる感」というか「乗り物を操縦してる感」みたいなものが軽い車体よりもあるような気がします。

完成したバッテリーレスキットを搭載↓
10.jpg
バッテリーよりも小さいのでこの状態ではガタガタ。でもスポンジのおかげで衝撃が加わってる感じはありません。

ここから消費電力を削減するために各電球をLED化していきます。まずはテール↓
11.jpg
これは10年近く昔からバハで使っていたLED球。まだまだ使えます。

次にメーター内部の電球もLED化↓
12.jpg
ところがウインカー球(赤矢印部分)を替えたらまともに作動しなくなったので調べると、XLのウインカーインジケーターは…あれ、なんだったかな、たしか純正状態では両方のウインカーのプラス配線2本が電球に繋がってて、電球をLEDに替えると消費電力が小さすぎるゆえに余剰電力が逆流してどうのこうの…って話で、その電球からの配線の片方をマイナスに繋いで、もう片方の配線に左右ウインカーのプラスを合流させてつなぐわけなんだけど、逆流が起こらないようにその合流地点に、電流が一方通行となるダイオードを入れることでLED球も使えるようになる、って感じでした(いいかげん〜。作業してる時はしっかり理解してたんですが、日数経ったらほとんど忘れちゃいました)。
ちなみにメーターベースの中にある黒くて汚い輪っかは本来衝撃吸収用のスポンジだったんですが、数十年の劣化でご覧の通り。
おかげでメーターの角度が左右でチグハグになるという害も発生。近いうちになんとかしないと。

その逆流防止用のダイオードはナップスで売ってたPOSHの「インジケータースタビライザー」って商品から抜き取りました。
ダイオード部分(黄矢印部分)だけ切り取ってギボシ接続するように加工↓
13.jpg
ちなみにこの写真はオスメス間違えて逆にしちゃった状態(オスメス正しい状態にすると、純正ハーネスを加工することなくつなぐことができるようになる)。
赤い部品は配線を挟むだけで簡単に接続できるっていうものなんですが、やたらかさばる形で接続も不安な感じなので使いません。
これを取り付けたら問題なくウインカーインジケーターが点滅するようになりました。
これでメーターの照明とインジケーター類は全てLED化完了。

次はウインカーだ〜とLEDウインカー球を買ってきて4つ全部交換すると全て点灯しなくなり、3個LEDだと最初は光るけどすぐ電気が足りないみたいな感じで消えてしまう。2個だけLEDにすると正常に点灯するようになるが、LED側の点滅が少々心もとないのでウインカー球は白熱球のままに(ちなみにウインカーリレーもちゃんとLED対応品に交換済み)。
これはやはりジェネレーターからの電圧が6V前後しかないからかな?
コイルの巻き直ししてからやった方がいいのかも。ということで今回は保留。
ウインカーは白熱球のままですが、メーター内電球やテールのLED化のおかげか、自作バッテリーレスキットのコンデンサー容量のおかげか、アイドリングで薄っすら点滅するようになりました(かなり暗いけど。もちろん回せばちゃんと点滅します)。
これもジェネレーター巻き直しでしっかりするでしょう。

というわけで電装系の改良は一旦完了。
次に2つ前の記事「細かいレストア」で行ったブリーザーパイプをエアクリボックスにつなぐ加工ですが、遠出後に開けてみたら想像以上にオイルを吹いた跡があったので、やはりオイルキャッチタンク的なものを仕込まないとマズいなということに↓
14.jpg
けっこう「プププッ」みたいな感じで吹いてたんでしょうか。想像だともっと霧状なイメージだったんですが現実はキビシイ。

オイルキャッチタンクの候補としてTTR250のものが良さそうだったので注文しましたが、タンク本体は欠品でステーだけ届く…。
仕方ないので別候補を探し、XR650R用のものに決定。
届いてみたら思いの外デカかった↓
15.jpg
でも金属部品も無く、劣化しにくそうなイイ感じ。取り付けステーも簡単に作れそう。

とりあえずこんな感じに付きました↓
16.jpg
出入力の順番が逆ですが、中はワンウェイではないのでこれでもいいかと判断。
でももっと目立たない、エアクリボックスの裏側にも仕込めそうなスペースがある感じなんすよね…今度トライしてみます。
クランクケースからタンクに入ってからのパイピングは、バッテリーレスキットの下を通ってメインフレームを回ってエアクリボックスにつながっています。
かなり長い距離があるので、エアクリボックス内にオイルが吹き出ることはもう無いでしょう。
ちなみに純正と同じ太さの耐油ホースはナップスにもホムセンにも売ってない(また出た、ぼくが欲しいものは売ってない説〜)ので、一回り細いホースを無理くり接続してみましたが、けっこう上手くホールドされていて簡単には抜けません。
XR650Rの純正状態ではタンクの3つある経路の内2つにクランクケースからのブリパイが刺さっていて、エアクリーナーボックスからドレンパイプを解放で垂らしているのですが、このXLでは定期的にオイルが貯まってないかチェックすることにして、ドレンは蓋をして未使用にしています。純正よりクリーンだぜ!と自慢してますが…ホントに大丈夫かな。まぁ最初のエアクリボックス直繋ぎよりは全然マシでしょう。

次に硬い硬いと言っていたリアサスの話。
よくよく考えたらスプリングを純正と交換したらいいんじゃね?と気がついて即実行↓
17.jpg
写真向かって右にある大小のスプリングが元の硬いやつで、ダンパーユニットに入ってるのが純正スプリング。

バラすには専用工具があった方がいいんでしょうが、安く済ませるためにこのようなシステム(笑)を組みました↓
18.jpg
バラすのは簡単でした。しかし組み込むのが異様に難しかった…。
締め込んでいくといきなり「ガチ!」とかいってサスが片方に滑って偏ってしまうという現象が多発(写真赤矢印のような動きで滑る)。
こうなると締め込むことが非常に困難になります。下手すると手の皮を挟んで怪我します(しました)。

偏ると上部はこのような状態になって、いくら締め込んでもスプリングを押さえる輪っかを入れることができなくなります↓
19.jpg
サス下の棒を通していた部分のゴムブッシュも無残な状態に↓
20.jpg
結局ゴムブッシュは使わずに、締め込みも左右均等に、締め込みスピードも落ち着いてゆっくりやれば簡単にできました。
でももっとよく考えれば、より安全&簡単にできるシステム作れそうだな…もういらないけど。
というわけでサススプリング交換完了↓
21.jpg
見た目も純正らしくなりました。
しかしこうなるとわかってたらメッキボディのやつ買ってたんだけどな〜(メッキボディのタイプはスプリングもメッキだったのでやめた。なんでメッキボディに黒スプリングという設定が無いねん!怒)。まぁ黒ボディもカッコイイからいいか。

そして今回のメインネタ、シートのレストアのお話。
元の状態は過去のオーナーさんがどこかのショップに頼んだのか、純正とは違う形になっていたので、購入当初から手直しするつもりでした(特にシート後ろの角が丸まってるのが納得いかない)。
最初はヤフオクとかebayで程度のいいシート丸ごと出ないかな〜なんて探してたんですが、ヤフオクでこのXLのパーツが出てくるなんてまずありえない、ってくらい日本ではマイナーな存在なので、もちろんそんなレアパーツが出て来るわけもなく。
兄弟車種であるSL250Sのシートもベースは恐らく同じだと思うんですが、シートフォーム(スポンジ)の形状はけっこう違うんです。まぁヤフオクではSLのシートすら出てきませんがね…。
そもそもSL250Sは知ってても、SLの輸出仕様がXL250という名称であることを知ってる日本人ってどれくらいいるんだろか。
そんなわけでebayで探してみると、タマ数はやはり多い!しかし程度がめちゃくちゃ悪いのばっか!そんな中唯一、ほぼ新品同様の純正シートを発見!値段は約35,000円。しかし、サイドに穴を補修した縫い跡があって縁も少し破けている。
しかも前パイピングの位置が純正と少し違うんだよな〜。というわけでオークションで探すのは諦めてシートの張替えに出すことに。
手がけていただくショップはかなり有名なのでご存じの方も多いとは思いますが「大木製作所」さんです。
早速シートを外してアポ取って車で持ち込み。
お店は車道に面した小じんまりとしたビルの1階なんですが、全面扉が全開になっていて、室内は職人さん達が地べたに座って作業をしていました。正に職人!って感じ。室内全部が作業場です。
前もってネットで検索したXLの純正シートのいろんな角度の写真をプリントしておいたのでそれを渡して「純正っぽくしたい」と指定。
シートフォームは劣化した純正使うのもなんだし、長く使うもんだからと新規で作ってもらうことにしました。ベルトも付けてもらいます。
ちなみにシートフォームは高反発なものをチョイス。

発注からしばらくして「シートフォームの形ができましたがどうでしょう」と写真付きのメールが来ました。
早速現物を見に行ったらま〜見事な造形だこと!非常にカッコイイ!↓
22.jpg
ただ、長年の遠出経験から座面は水平の方が疲れないと思うので、若干前傾だったこの仮形状にプラス前部を10mmアップさせて緩やかに後部へつながる感じ、と座面のサイドへ落ちるエッジを前部に行くにしたがってもっと丸くなっていくように指定。
ちなみに裏面はこんな感じでした↓
23.jpg
わざわざ黒塗装してくれてました(ウレタンとか焼付けとかの高級塗装ではないけど)。
元のシートフォームを剥がしてみたらベースはけっこう腐食&破損してたらしく、サイドの革を引っ掛ける部分を補修してリベットを埋め込んだそうです。こりゃノウハウのない個人じゃできないね。
しかもベースの縁は革を傷めないようにゴムが貼られています。繊細〜!

元のシートフォームのお姿↓
24.jpg25.jpg
想像以上に汚かった(笑)。
やはり後部の角は意図的に丸くしてあったようです。そして貼りたかったのか剥がしたかったのかわからん追加スポンジの跡。
これはちょっとプロの仕事とは思えない…なんとな〜くガサツなガイジンさんの仕事って感じも無きにしもあらず(笑)。

現物確認後、帰宅したらもうメールが来てました。仕事早!↓
26.jpg
もう写真見ただけでバッチリな感じだったので、そのままGOサインを出しました。
すると次に「パイピングはどういった感じにしますか?」という旨のメールが来ました。
そういやパイピングがハッキリ写ってる写真は渡してなかったな…というか、フレームに載せないと位置取り難しいだろこれ…。と気がついたので、XLに違うバイクのシート(以前バハに付けてたXL230用)をカポッと載せて上野へ直行↓
27.jpg
店頭に停めて現物合わせ。形状はもうバッチリ!タンクとのスキマ感も純正感たっぷり!そして後部の角も立ってカッコイイ〜!と感動。
前部パイピングはホントは無い方が脚に当たる疲労感を軽減できるんですが、走行中はそんなに当たらない位置だし、純正っぽさにこだわってこのラインにしました。

そして…ついに完成しました!↓
28.jpg29.jpg
うっひょー!すげー!純正そっくり!これぞ日本人の仕事!って感じ。
後ろのホンダロゴももちろん入ってます(ちなみに白か銀で指定できるようです)。
座った感じは「うわ、思ったよか硬いな」というのが第一印象。でも柔らかすぎるとシートベースに当ってすぐ痛くなるんすよね。
硬いといってもカッチカチではなく、高反発スポンジの硬さなので痛くはならなそう。
革は見た目と柔軟性から選んだんですが、思いの外グリップが効いていて、もうちょいスルスル滑るタッチの方が良かったかな?という印象でした。でも乗ってみたらグリップするのも悪くないな…という感じ。
お値段はなんと29,160円也!安い!ebeyで破けたシート買わなくてよかった〜。

最後に些細な変更。
ハンドルを純正に戻しました(上記の完成シートが載った写真も純正ハンドルに戻した後)。
なんで戻したのかというと、前後から見た時にハンドルバーの根元部分の幅が異様に広く、なんかかっこ悪かったからです。
高さは申し分なかったんですが、やはりカッコ悪いのは嫌なので問答無用で変更。
比較写真↓
30.jpg31.jpg
日陰の写真がハイポジバー、日なたの写真が純正。ぼくが言ってる意味がおわかりいただけたでしょうか…。
理想はCL72のハンドルなんだけど、これがまた激レアなんだな。
何種類かあるみたいですが、ぼくが欲しいのはさらにレアなやつらしい(ebey調べ)。
でもハンドル交換後にちょっと走ってみましたが「改めて味わってみると低いハンドル位置もいいね」という感じだったので、しばらくはこれで固定。

あ、あとチェーンもシールチェーン(しかもXリング)に交換しました(硬派な旧車マニアな方からは軟弱者呼ばわりされそうですが)。
なんでかというと、やはり伸びるのが早いから。

あとは外装とフレーム、脚回り、そしてエンジンの美化で完成かな?
でももういいかげん貯金がやばくなってきたので、しばらくは大金のかかることはできませーん。
posted by 文鳥 at 05:34| 東京 ☀| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする