2014年08月26日

コンピューターってすごいな

前回のロケットスリングパックのウエストバッグ化ですが、やはりベルトの根元強度が不安だったので、さらに改良してみました↓
DSC01304.jpg
背負った時に正面となる面から撮影。
前回は左右のベルト根元をバッグ圧縮用ベルトを使って短くしていましたが、圧縮用ベルトだと重い荷物を支えるほどの強度が無いように思えたので、作用点(だっけ?力点・支点ってやつ)を分散させてみました。
ちなみに赤矢印部分には新しいカメラ(Panasonic GM1K)と替えレンズを入れたポーチを増設。

改良点の詳細。
まず右側(本来の上部にあたる部分)は、このようになっています↓
DSC01306.jpg
1:背負った時で言うと下面からのアングル。
2:同じく正面からのアングル。
まずバッグ本体上下(本来の左右)にあるMOLEウェビングに他のポーチに付いてたMOLEクリップを通して(赤矢印)そこに同じクリップを2本つなげて延長したものを上下(本来で言うと左右。ややこしや)に渡って接続(青矢印が延長クリップ)してショルダーストラップの根元を押さえて締め付け度を高めます。
前回使ってた圧縮用ベルトは本来の使い方通りに、たるまない程度に締めておきます(今回は使わない)。
このままだと装着して荷重がかかった時に、ショルダーストラップの張りによって青矢印クリップがグイッと外側に追いやられてしまうので、それを食い止めるために、これまた他のポーチからもってきたクリップ2本を合体させた長クリップで、ショルダーストラップの真ん中あたりにあるMOLEウェビングと青矢印クリップをつなぎます(緑矢印)。
これで作用点は3点に分散されて、前回より無理のない状態になったのではないかと思います。
しかし、これだと前回Z型に折り曲げていたショルダーストラップより少し長くなることになり、少々ユルくなってしまいます。
そこで今度は左側(本来の下部)のベルト根元を短くします↓
DSC01305.jpg
こちら側はデフォルトで使われていたショルダーストラップの左右振り分け用バックル2個に、そこから取り外した太いベルトを橋渡しするように通してピンと張るようにセットして、そこに圧縮用ベルトを通してその先にFASTEXバックルを通して最短状態に締めました。
これで前回の状態より不安の無いウエストバッグ化ができました。めでたしめでたし。

ここからが今回の本題。
バッグとは全然関係ないんですが、去年の冬に買ったSONYのRX100というカメラのRAW現像についてです。
前回の記事「冬支度」ではRAW現像にSONY純正フリーソフトのIMAGE DATA CONVERTER(以下IDCと記述)を使っていましたが、この度仕事用という名目でまた新たにカメラを買いました(前述のPanasonic GM1K)。
しかしPanasonic純正のフリーRAW現像ソフトであるSILKYPIXというのがど〜もイマイチ使い勝手がよろしくないので、使い慣れたIDCでできるかな?ハテハテフム〜とトライしてみましたが、やっぱ他社RAWって互換性無いんすね…。
どういうわけかRAW現像ソフトはメーカー縛りがあるようで、他社RAWデータは扱えないんだそうです。
そこでいろいろ調べてたらイラレやフォトショでおなじみのアドビ社の「Photoshop Lightroom 5」(以下Lr5と記述)というものを知りまして、説明を見ると様々なメーカーのRAWが扱えて、なんかスゲー良さそう。
しかもイラレやフォトショのように完全クラウド化はしておらず、パッケージ版があり(クラウドは嫌!てか毎月払い続けるってのがもうダメ)なおかつ価格も非常に安い(アマゾンにて12,850円)だったので購入してしまいました。

ちなみに我がメインパソコンはちょっと前にMacBook(OSX10.6)からMac mini(OSX10.9)に乗り換えたのですが、このLr5はOSX10.7から10.8までが対応となっており、10.9はどうなんだろ?と思って調べたら些細な不具合があるくらいで大丈夫そうとのことだったので、まぁ細かいとこはバージョンアップで対応すんだろ、とアマゾンから届いくやいなや早速インストールして使用開始↓
lr.jpg
不具合があるどころか、メッチャ使い勝手イイ〜!てか不具合ってどこ?
IDCだと最新Mac mini(Core i7)でも連続操作で「フォ〜」とファン全速力になる(しかも動作が遅く、たまに落ちる)のですがLr5は全然サクサク。
しかも加工前の状態と現状を比較しながら作業できたり、いじれるパラメータも非常に豊富で、IDCでは限界を感じたノイズ除去や明暗差の平滑化なんかも非常に繊細で調整幅も広い感じで、マニュアル見なくてもけっこういい感じにできちゃいます。
さすがイラレやフォトショで培ったノウハウなのか、これでもか!というくらい使いやすいです。
例えばホワイトバランス調整で、カラーピッカーで写真の一部をクリックする際にも、IDCだと拡大ツールでわざわざ拡大してからグレーポイントを探してクリックして、また全画面に戻して色味を確認するといった工程でしたが、Lr5だとカラーピッカーを選択して写真の上にカーソルを移動させると、ピッカーの先端がある所が超拡大された小さい別画面がパッと出てくるのでわざわざ拡縮させる必要がない(感動)。
ノイズ除去ではIDCだとノイズを抑えるとディテールがボケるし、かといってシャープかけるとまたノイズ出るし…みたいな感じで、そもそもノイズがあまりキレイに消えない場合も(ISOが高い場合なのかな?)あったりして、カメラ内で生成されたJPEGの方がキレイだったりすることもありましたが、Lr5だといとも簡単にシャープさを保ったままキレイにできたし、露出オーバー画像の補正も圧倒的にLr5の方がキレイにできました。
前述の加工前との比較画面も、どちらか片方を動かしたり拡縮させると、もう片方も同じように動作するとか…んも〜なんでこういうことを他のソフトメーカーができないのか不思議。プログラムの特許でもあるのかな?
とにかく百聞は一見にしかずなので、以前の記事で使った写真でIDCとLr5を比較してみました(まぁフリーソフトと比べるのも酷な気もしますが)。

まずは色味の比較ですが、解像感とかディテールの比較ではないので、以下の写真は画像サイズをかなり縮小して圧縮もかけてるので画質は良くありません。

RX100内部で生成されたJPEG画像↓
_DSC9258.jpg
この時はなんか変に設定したプログラムオートだったせいか、晴れてたのに曇り空みたいな色味になってしまいました。

RAWをIDCで調整↓
_DSC9258idc1.JPG
これは前回の記事で載せたやつで、IDCに慣れてなかったためまだ中途半端です。

ひとしきりLr5を使った後に、改めてIDCでリベンジしたRAW↓
_DSC9258idc2.jpg
明暗コントラスト差を幾分和らげて、ホワイトバランスも煮詰めましたが、空の露出オーバーはこれ以上補正できませんでした。

そしてLr5で調整したRAW↓
_DSC9258lr.jpg
見事に空の色が復活して、シャドウ部との明暗差も緩やかになって、より画面全域が自然な色合いになったように思います。

次は色味とディテール再現性を合わせて比較。
一応ピクセルを半分に縮小してますが、それでもかなり大きな写真(3MB超え)になるので非力なパソコンで見る場合はフリーズにご注意ください(今どきそんなの使ってる人いないかな)。

まずIDCによるRAW調整↓
_DSC9267idc.jpg
これは元の設定がそれほど外してなかったようで、そこそこキレイです。
けっこう肉眼でみた印象に近い気もします。
このように元々明暗コントラストのギャップが少ない落ち着いた写真ならIDCでもそれほど不満もなく「やっぱセンサーデカいとキレイだね〜」とか思ってたのですが、これをLr5で調整すると…↓
_DSC9267lr.jpg
うぉ〜!自分史上最もキレイな写真ができた(笑)!
よくカメラの製品サイトにあるサンプル写真見て「こんなにキレイに撮れるわけないよ〜」と嘆いてましたが、これからはそういったプロフェッショナルな写真に少しは近づけそうな気がしました。
今までキレイにできたと思ってたIDCと比較すると、IDCの写真が普通のスナップ写真に思えちゃうくらいです(言い過ぎ)。
やはり明暗調整の自由度も、ノイズ除去性能も圧倒的な差があると思います。
IDCでここまでノイズを目立たないレベルにすると、どうしてもベタッとした、粒子が潰れたような感じになってエッジもボケちゃうのが定番でしたが、Lr5はさすがの調整幅…だけじゃないと思いますが、とにかく良いソフトだな〜と感心しちゃいました。
もちろん操作性の良さやレスポンスもバツグンなので作業時間も他ソフトよりも短く済ませられるでしょう。
調整するのが面白くなってきます。ていうかまだ全然使いこなしてないけど。
GM1使うのが楽しみになってきました。

でも一番大切なのは、撮影時のテクニックと知識なんでしょうね〜。
今度からもっとじっくり考えて写真撮ろうと心に決めた残暑の夜。
仕事に使うつもりで揃えたのに、なんかまた趣味増えちゃった感じ…。
posted by 文鳥 at 02:03| 東京 ☁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

ないものねだり

春頃から急に仕事が忙しくなってきて、バイクに時間を費やすことがほとんど、というか全く無くなって早3ヶ月以上経ってしまいました。
今年も真夏の内に遠出したかったんですが、やはり仕事でやらなきゃいけないこと、というよりやりたいことが山ほどあって真夏は逃がしてしまいそうです。
その代わりというか、9月中旬に静岡の美術館で開催される展覧会に出展する際に、自分の作品の所の設営を自分でやろうと思ったので、これを期についでにバイクで静岡周辺で遠出してしまおうと思い立ちました。
この展覧会は青森・静岡・島根の3県を来年2月までツアーみたいにして順次開催されるもので、青森(現在開催中)では美術館側の人に頼んで設営していただいたのですが、開催からしばらくしてからその展示が理想の状態になってないことがネットニュースの写真で判明して(笑)メールであれこれ指示してやっと正しい状態にできた、ということがありまして「こりゃ一回ちゃんと説明しながら設営しないとダメっぽいな…」と思ったのがこの静岡行きの発端であります。

9月中旬といえば恐らくまだ夏の暑さも残りつつ、夕方から急激に冷え込んだりしそうな時期だったと思い「今回は防寒装備も着るかもしれんけど日中は着ないだろうな。てことはバッグか」と、以前買って何度か使用した軍用ウエストバッグ(レプリカ品)を引っ張りだしてみると、まだ数回しか使ってないのにこの有り様↓
01.jpg
これは過去の日記「赤トンボ」で掲載した某ショップオリジナルのB1902ってやつなんですが、たしかこの破損は去年の夏の遠出で、工具とウエス類、懐中LED電灯と予備電池(LEDのとカメラ用)、モンベルのジャケットとメーカー不明のボアネックウォーマーを入れてパンパンになった時にファスナーを閉めたら裂けたのであります。
まさか縫い目ではなくナイロン生地そのものが裂けるとは思いもしませんでした。
さすが安いだけあって、ミルスペック級の品質は無かったというわけです。
他にもこんな破損もあり↓
02.jpg
これはパンパンになって入らなくなったカメラの三脚を挿して携行していたら、バイクに跨る際に三脚が引っかかってこうなりました。まぁこれはさすがにテコの原理なのでミルスペックでも堪えられないレベルだったかな〜。
でもちぎれた箇所とはあまり関係ない縫い目がほつれたりしてるのは…やっぱ安いから?

というわけで、このボロボロB1902はともかく、同時に買ったJZ-010B(同じメーカーの同じ色で頼んだのに色が違うという…どうやらタンとコヨーテだったようです)もB1902より容量が少ないので、防風ジャケットとフリースの2着は収納できません。
いや、厳密に言えば上記2つのバッグを連結して無理すればジャケットとフリースは収納できます。
しかし、そうするともうパンパンの巨大なソーセージみたいな塊を腰にぶら下げることになって非常にジャマ臭い(フィットしない)上に、他の工具や三脚とかの持ち物の収納場所も悩ましくなります(ちなみに今まではメッセンジャーバッグを無理やりウエストバッグとして使ったり、オシャレなウエストバッグに軍用バッグを合体させてウエストに巻いたり、防寒具を持たずにガクブルしながらやせ我慢したりしてました←これが一番多い)。

んで、大きな仕事もまた入ったことだし、この際高額でもいいからちょっとやそっとじゃ壊れないバッグを買っちまおうと思い立ち「大容量のミリタリー系ウエストバッグ」をネットであれこれ探してみました。
しかしやっぱりぼくの欲しいものはこの世に存在しないのが当たり前と言わんばかりに、検索で出てくるのはB1902と同じくらいの容量のものばかり。
結局大容量となるとバックパックのような背中に背負うタイプになってしまうのか…でも肩に負担かかるのは嫌なんだよな〜と悩んでいると「S.O.TEC GOBAG」というものを発見。
これは細長い大容量バッグのワンショルダータイプ(たすき掛けするタイプ)で、なんでも映画トランスフォーマーに出て有名になった装備らしいですが全然知らんかった。
本来は米空軍の脱出携行用バッグだそうです。
このバッグをよく見るとワンショルダーストラップがそのままウエストベルトになりそうな気がしたので、これをウエストバッグとして使っている人はいないか検索してみましたが…やっぱりそんな変態的なことしてる人って居ないんすね…出てくるのは「意外と安っぽい」とか「使い勝手が悪い」とかネガティブなことばかり。
しまいにゃ「パチモンの方が出来がいい」なんてのも出てきたりして(笑)。

さらに検索を続けていると「HAZARD4 EVAC PLAN-B SLING PACK」なるものを発見。
GOBAGの亜流のようですがサイトの説明を見るとヤスモンのパチモンではなく、最近できた日本のミリタリー用品メーカーのしっかりした(笑)商品のようです(工場は台湾らしいので大丈夫でしょう。台湾のミリタリー商品は品質が高いと思う)。
さらにこれは左右どちらのショルダーがけもできるということで、ストラップ下部が左右に振り分けられるようになっている…これはウエストバッグになりそうな気がする〜。でも実際にウエストに横向きに背負った場合の感じがどうなのかがわからない。ショルダーストラップのパッドが長すぎるようにも見えるし…。
そこで翌日実物を手にとって確認すべく、練馬区にあるミリタリーショップ「Tactical Pro Shop ELITE」に行ってきました(東京近郊でちゃんとしたメーカーの商品を豊富に在庫してそうなショップを選択)。
車で行ったのですが、店舗裏手を入ってすぐにコインパーキングがあって一安心(黄色と緑の看板の三井のリパークだったのでさらに安心。黄色地に黒文字のとこでは2回ほどボッタクリ価格を経験)。
広い車道に面した店舗に入ると、ところ狭しとミリタリー用品が置いてあってテンションUP。
こういうショップに来るのは十数年振りかも(ちょくちょくサバゲーやってた頃はいろんなショップ回ってベトナム戦装備やら90年代米軍装備集めてました)。
最近の軍用品は昔と違って一般のアパレルメーカーが手がけてるものもあったりして、けっこうオシャレでしっかりしてるのが多い印象ですが、このショップにはそういった「ちゃんとした商品」がたくさんありました。
昔の軍用品は「粗い作りだけど超ヘビーデューティー」って感じで、今の軍用品は「オシャレで高品質でヘビーデューティ」って印象。パチモンは「安くてそれっぽくできてるけど素材や見えないとこが低品質」ってとこでしょうか(笑)。

で、早速バッグ類の置いてあるところを物色するとHAZARD4のPLAN Bらしきものを発見!
色も欲しかったコヨーテで、あたりを見た感じこれ1個だけっぽい。
久々に味わう「目離した隙に他のお客さんに買われちゃいそうだから手に持ってキープしとこうかな〜」というドキドキ感。でも他のお客さんは2〜3人くらいだし、バッグは買わなそうだから大丈夫だろうと落ち着く(笑)。
その商品をよく見ると「ROCKET SLING PACK」というPLAN Bと同じHAZARD4の製品で、PLAN Bにポーチを2個増設したもののようです。
早速ウエストバッグとして使えるかチェックしてみたら、想像以上にジャストサイズ!
ベルト(ショルダーストラップ)もちょっと長いけどなんとかなりそう!
ということでひとしきり店内を見まわった後に購入〜!!
ちなみにネットショップでは21,708円と書いてましたが店頭では17,000円+税でした。
もう3万円超えてもいいのがあったら買っちゃおうかと思ってたけど、意外と安く済みました。

帰宅後、早速ストラップ下部を左右どちらかではなく、まっすぐ固定させることに挑戦開始↓
03.jpg
写真向かって左が正面(背面?)のお姿。
HAZARD4のロゴパッチが民生品っぽいけどダサくはないのでこのままにしときます。
写真右の赤矢印部分がストラップ下部を左右に振り分けるためのバックル。
これをいかに真ん中1本に変更するか…。

とりあえず2本の接続ストラップを外してみる↓
04.jpg
すると、あ!これは使える!ということで赤矢印部分のFASTEXバックルの片割れを外して、下部中央にある圧縮用ベルト↓
05.jpg
に通すと…↓
06.jpg
うぉ〜!簡単にまっすぐ1本になった〜!
このベルトを一番短くセットしてウエストに装着してみましたが、やはり少しパッドが長くて、ちょっと動くとズリ下がってしまう。
そこでしばし考慮した結果、このような方法でパッドを短縮↓
07.jpg
1:ストラップ上部にある圧縮用ベルトが通っている2箇所のベルトループ(赤矢印)からベルトを抜きます。
2:抜いたベルトをループを通さずに、そのまま圧縮用バックルに通して…
3:パッドをZ字に折ってベルトを締めるとあ〜ら不思議、短くなっちゃった!
ところがこの状態でウエストに装着すると今度は圧縮用ベルトを使った影響でバッグが潰れてしまいました↓
08.jpg
これではせっかくの大容量がモッタイナ〜イ。
そこで今度はバッグの中にある仕切り板(内装の壁はベルクロになってて、仕切り板も両端がベルクロになっているので好きな位置に仕切り板を設置できるようになっている)を潰れる部分の裏側に設置↓
09.jpg
写真上の赤矢印部分が仕切り板。かなり硬い板が入ってるので曲がったり折れたりしません。
写真下が潰れる部分に設置したところ。
すると、なんということでしょう〜。バッグが潰れなくなりました↓
10.jpg
最初は裁縫しないと改造できないかな〜と思ってましたが、意外と簡単に、それもオリジナルの状態を一切破壊せずにウエストバッグになっちゃいました。
ただ、今気づいたのですが、この圧縮用ベルトは下部ベルトより細くて縫い付け部分も小さいので、強度的にちょっと不安。今後強化したいところです。

早速実用テスト。
次の遠出で必須となるであろう、モンベルの防風ジャケットとフリースを入れてみました↓
11.jpg
あっさり収納〜!しかもまだゆとりがあるのでいろいろ詰め込めそうです。
あとは他に必要な工具やらなんやらをいろいろ入れて実際に装着してみましょう。

ひと通り必要な物を詰め込んだ状態↓
12.jpg
内容物は…
★防風ジャケット
★フリースジャケット
★ウエス
★マイクロファイバータオル
★メガネ拭き
★ポケットティッシュ
★工具一式(薄型レンチ5本、ラジオペンチ、カッター、マルチドライバー、ドライバービット)
★三脚
★予備電池(単3形リチウム電池×1、デジカメ用リチウムイオンバッテリー×1)
↓ベルトに取り付け
★LED懐中電灯
★携帯電話用ポーチ
以上ですが、まだまだ容量を使いきっておらず、何も入れてないポーチもあり。
予定としてはレンチ類の増量、2台目のカメラ(実は最近また買った)、入浴セット、食器とかも入れるかも。
あとは現地で買った食料とかおみやげなんかも入ると思うので、あまりパンパンにならない程度にしとこうと思います。ていうかこれをパンパンにすると1泊とか2泊とかの物量になりそうな気がします。

これを装着:後ろ姿↓
13.jpg
背面のMOLEウェビングに通っているベルトのようなものは、他のポーチに付いてたMOLEクリップ(ていうのか?)です。これでMOLE装備を90°角度変更でき…るかな?ちょっとユルいかも。
その部分のポーチには何も入っておらず。何入れようか。

両サイド↓
14.jpg
背中に当たる部分は多少硬めのパッドになってますが、カッチカチではなく適度に柔軟性があるので、無理なく身体にフィットします。
ちなみに右側に垂れ下がっているのは普段使ってるサイフ&携帯電話入れ。
このバッグを外してもサイフとケータイだけは身についている状態になります。

斜め後ろ↓
15.jpg
底面(本来はサイド)のポーチには何も入ってません。
でもバイクに座った状態を考えると、何も入れないか、タオル等の薄いものを入れるくらいにした方が快適かもしれません。

この状態で少し歩きましたが、ズリ落ちることもなく常に身体にフィットしており、前回身につけたパンパンバッグより遥かに快適でした。
ちなみにこの撮影ポイントは家からちょっと離れたとこ(約12km)にある公園で、たまに食材の買い出しに行くスーパーへの道中にあり、この日は買い物のついでに車で来たのでまだバイクの乗車テストはしてません(グローブはバイク乗車時の雰囲気を出すため持ってきた)。
あれ?なんかこんな日記書いてたら、仕事放ったらかしで遠出したくなってきた…。
posted by 文鳥 at 02:50| 東京 ☁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする