2017年05月07日

30年ぶりの自転車遠乗り

前回の記事で購入したTern/Link B7ですが、早速いじってしまいました。
まずは振動が直でガタガタ来るのを改善しようとタイヤを交換↓
01.jpg
α7II+Voigtlander NOKTON 58mm/f1.4 SLII N 絞り優先f2(たぶん) SS1/2500 ISO100(以下α7IIの写真は全部同じレンズで絞り優先、ISO100固定)
BMX系のCULTというブランドの、Vansコラボタイヤです。
太さは2.35という極太サイズですがギリ入りました(2.2というのもありましたが売り切れてた)。
1速に入れるとチェーンがタイヤギリギリですが、走行に支障は無かったです↓
01b.jpg
軽い自転車だからと、わざわざ家の中まで持って上がって交換したのですが、普通に下でやった方が広くて楽でした…。
ちなみに元の細いタイヤを外す時にはタイヤレバーを少し使いましたが、この太いタイヤは手でリムに入れることができました。

で、CULTのVansコラボアイテムにはグリップもありまして、最初はタイヤと同じく通販で買おうかと思ったのですが、売ってたショップが藤沢(湘南海岸近く)だったので自宅(町田)から自転車で行けるだろうと、サイクリングがてら行ってみることにしました↓
02.jpg
f1.4解放(たぶん) SS1/800
JR町田駅近くの線路をくぐるアンダーパスにて。
もちろんα7IIも持ってって撮影も同時に楽しんじゃおうという算段。
タイヤの感触はさすが太くてハイトもあるので、かなりのショックアブソーバー性能を発揮しております。
ノーマルのケンダ(ロードっぽい細いタイヤ。太さ1.5)だと「ガツガツ」と来るところが、このタイヤだと「ドコドコ」という感じで快適度アップ。
この時は携帯ポンプで入れただけだったので正確な空気圧はわかりませんが、乗車してわずかにタイヤが潰れるくらいでした(ロード用途にはちょっと低かったかも)。

バイクや車なら適当に好きなルートを選んで行けますが、自転車でしかも長距離となると、なるべく疲労しないように上り坂の多いルートは避けたいところ。
というわけでサイクリングロードの鉄板である川沿いへ↓
03.jpg
f1.4解放(かf2だったか) SS1/5000
この川は境川といいまして、ずっと下っていくと江ノ島の目の前に出ます。
こういう風景は10mmを使いたいところでしたが、荷物が重くなると思ったのでこの日はノクトン58mmのみ。持ってくりゃよかった…。

まだ町田からそれほど離れていない大和のあたりだと思いますが、川沿いにプチお花畑が↓
04.jpg
f2(たぶん) SS1/2500
所々荒れてて手入れしてるのかどうなのかよくわかりませんが、なかなかキレイでした。
ちなみにこの日はゴールデンウィーク真っ只中だったためか、川沿いは気合の入ったロード系の人がたくさん走ってまして、藤沢に着くまでにもれなく全員にブチ抜かれました。
ぼくが追い抜いたのは古〜いママチャリに乗ったおじいちゃんのみ(笑)。

相模鉄道本線をくぐる所↓
05.jpg
f2(かf2.8だったか) SS1/1600
モノクロフィルム写真っぽく加工してみました。

いきなりすっ飛んで藤沢市の引地川親水公園にて↓
06.jpg
f2(かf2.8か) SS1/2500
さすがGW、たくさんの人たちが遊んでました。
こういうエンジン付き車両が通れないルートは今までなかなか走ったことがなかったのでとても新鮮。

そしてお目当てのショップに到着〜↓
07.jpg
f1.4解放(たぶん) SS1/3200
COUNTER ATTRACTIONという、湘南地域らしいオシャレなショップです。
モノクロフィルム写真っぽい加工ちょっとお気に入り(笑)。
Vansコラボグリップは無事購入できました。

さて、ここからどうしたかというと、義兄の家が鎌倉にあるので休憩がてらお邪魔することにしまして、超メジャー道の国道134号へ↓
08.jpg
f2(かf1.4解放) SS1/8000
また同じセリフですがさすがGW、大渋滞&観光客だらけでした。
でも今回は自転車なので、バイクや車の時ほど嫌な感じではなく、むしろ賑わい具合が楽しかったです。
こないだの徒歩で歌舞伎町を歩いた時もそうでしたが、時間にゆとりがあってエンジン付きに乗らずにのんびり移動してる状態ってのは、繁華街や賑わいもけっこう楽しめるもんだなぁと改めて思いました。

せっかく海沿いに来たってことで、一応海も撮っておきました↓
09.jpg
f2.8(たぶん) SS1/8000
あ〜水平線が写ってるから斜めってるのが丸わかり…でも潔く無修正(笑)。
向こうには海上保安庁の船が見えます。いつも任務お疲れ様です。

そして義兄の家に到着して、夫妻の日課である鎌倉山の散歩へ同行↓
10.jpg
f2.8(たぶん) SS1/50
ちなみに義兄の家に到着するまでの所要時間は約7時間…。距離して約40km。
のんびり走って写真撮りまくって道にも少し迷ったりしたのでこんな時間になってしまいました。
でも初夏の日中を満喫できて楽しかったです。

以下も鎌倉山の散歩道↓
11.jpg
f2(たぶん) SS1/25

12.jpg
f2.8(たぶん) SS1/250
けっこうな距離走りましたが、家出てすぐ飲んだチオビタのおかげか、まだまだ全然疲れ知らず。
この後は夕飯をごちそうになって、アホ話に花を咲かせてから帰路につきました。
一応空気圧をもう少し高めに入れて走り出したのですが、さすがに途中で疲れが出てきて、尻も痛くなってきたところで「そういやこれシートもハンドルも高さ調整できるんだっけ」と思い出し、脚がほぼ伸び切る状態でペダルを踏み切れる位置にシートを延ばし、ハンドルもそれに合わせて調整したら超楽になり、行きよりもハイペースで走れました(見た目はカッコ悪いと思うけど)。
帰路は行きとは真逆にほとんど人がいない状態で、所々街灯もない道もありましたが、真夜中の田舎の林道ほど暗くもなく、全然不安感はありませんでした。
総走行距離:約78km(帰路の距離は約38km)。
帰路の所要時間:約3時間半。
ちなみにタイトルの「30年ぶり」というのは、中学生の頃、友達数人(1名のみセミドロップ車であとはママチャリ)で町田から羽田空港まで行って帰ってきたことがありまして、帰路で友達とはぐれて道に迷いながら帰ってきたことがあった(笑)のを思い出したので。

帰宅した翌日にはネットでポチったサムシフターが届きまして、グリップ共々、本日交換しました。
元のグリップシフター↓
13.jpg
全くもって個人的な意見ですが、こういうデザインホント嫌いだわ〜(笑)。
最近の車やバイクもこんな感じのばっかでウンザリ。
ちなみに中身はこんな感じ↓
14.jpg
ほとんどプラなので軽いっちゃ軽いんですが、作動音も安っぽいプラ感丸出しの音でゲンナリ。
以前の自転車も似たようなシフターで、当時はそれほど自転車に固執してなかったのでどうでもよかったんですが、いざあれこれ自転車のこと考えるとやっぱりいろいろ不満点が見つかります。

アウターワイヤーはキレイにまとめられているのでそのままで、インナーワイヤーだけ引っこ抜きます↓
15.jpg
最初シフターをバラした時「あれ、これどうやってワイヤー外すんだ?」となりましたが、自転車って片方の端はアルミのキャップがカシメてあるだけなので簡単に抜けるんすね。すっかり忘れてました。

シフターを交換して、ワイヤーを元のアウターに通して、ディレイラーに固定して、アルミキャップを再利用↓
16.jpg
バイクではワイヤーでアウターとかインナーなんて言う機会が無かったので最初「何のこと?」と思いましたが、そういや自転車ってこういう取り付けなんすよね。

シフターのアップ写真撮り忘れたー。
というわけでトリミング写真↓
16b.jpg
ENE CICLO(エネシクロ)サムシフターです。
ハンドルの下に隠れて見えにくくなるシフターとか他にもいろいろありますが、やっぱりプラ製の流麗なデザイン(エルゴノミックデザインってやつ)なのばっかりで、必然的にこれになりました。
ただ、このシフターはカチンカチンとギア毎にカッチリ入る「インデックス式」ではなく、ラチェット機構はあるもののギアにカッチリ入れるにはレバーの微妙な調整が必要な「フリクション式」なので多少の慣れは必要だそうです。
しかし機構は非常にシンプルなのでセッティングも非常に簡単。
何より見た目がカッコイイし、金属部品ならではのチキチキ音も心地良し。

シフターがくっついたので次はグリップ。
最初「バイクのより柔らかいし簡単だろう」と思って何も付けずにグリグリ押し込んでいきましたが、バイクの時と何ら変わらず、むしろ柔らかさから来る内部摩擦力が高く、かなり苦労しました。
左側はちゃんと水入れてハメたらかなり楽に入りましたが…気がつくとこんなことに↓
19.jpg
うぉ!皮が剥けてる!
しばらくは痛くも痒くもなかったんですが、買い物行ったり風呂入ったりで数時間経った今、ジンジン痛む…早く治れ〜。

んでグリップが入ったのでグリップエンドを…と思ったら、太いハンドル用なので入らなかった〜↓
17.jpg
しょうがないのでノーマル用エンドを入れといた↓
18.jpg
これはいつか太いハンドルに替えよう…と思ったけど、グリップエンドのためだけにハンドル替えるってのもちょっとアホらしいな…あ〜でもCULTのグリップエンドの方が絶対カッコイイ…。

そんなこんなでハンドル周りの改装完了〜↓
20.jpg21.jpg
ん〜我ながら良いチョイスをしたもんだ(笑)。
あとはディレーラー式はあまり好きじゃないから、内装変速ハブにでも替えたいな〜。
posted by 文鳥 at 00:48| 東京 ☀| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。