2019年06月02日

スズメのお宿

今回の記事はバイクでもカメラでもなく、スズメの話。

近年都市部ではスズメが少なくなっているという話をよく聞くようになりましたが、たしかにぼくの幼少期にはもうちょいたくさんいたような記憶があります。
しかし我が家の近所(東京郊外、神奈川の隣)ではまだけっこう鳥や虫を数多く見ることができます。
ベランダにはたま〜にスズメやハトがやってきまして、過去にはハトが巣を作ったこともありましたが、これがけっこう臭い。
そのハトはしばらくするといなくなっていたので(ヒナが巣立ったのかは不明)巣を撤去して、それ以来ハトの巣作りはご遠慮お願いしてました。

去年の7月、ベランダでスズメの声が何度もするので、カメラで撮影しようとベランダを覗くと1羽のスズメがいたのでパチリ↓
180715p.jpg
パソコンで拡大してみると、なんかくわえている(赤矢印部分)。
どうやらベランダに巣を作っている様子でした。
巣の場所はこの時はよくわからなかったんですが、後々調べてみると写真の黄色矢印部分の奥まったところに見事な巣ができていました。
ちなみにこの時のカメラは広角レンズ(パナソニックGM1+14mmパンケーキ。写真はトリミングしたもの)だったのでアップでは撮れていません。

その年の3月にポンジュウロー(桜文鳥。享年12)が大往生を遂げたばかりだったこともあり、鳥好きのぼくはスズメの巣作りを見守ることにしました。
巣作りしにきたスズメはこの2羽(前述の写真の約1ヶ月後)↓
180815.jpg
手前の個体が虫らしきエサをくわえているところを見ると、この時すでにヒナが誕生していたのかもしれませんが当時は気が付きませんでした。
カメラのレンズは35mm換算で90〜300mmの望遠ズームに変更したので、アップで撮影できるようになりました(多少トリミングもしています)。

10月になり、ふと「そういやポンちゃん(ポンジュウロー)のエサがまだ残ってたな」と思い出し、スズメに出してみました↓
181014.jpg
スズメ達は周囲を警戒しながらも「ヤッホ〜ゥ」という感じで貪り食っていました。
この写真は撮影してるぼくの方を見た瞬間。
ぼくが見えてるはずですが、何度もこっちをチラチラ見ながらエサを食べ続けていました。
他の写真とよく比較してみると、この個体は巣作りしてた個体とは別のような感じもします。
くちばしの根元も少し黄色いので、もしかして巣立ったばかりの若鳥かな?と思ったんですが、夏に巣立って1ヶ月くらいでこんなに立派な姿になるもんかね?という疑問も無きにしもあらず。

数日後にはすっかりエサを食い尽くしていたので、もう一回出してみました↓
181022.jpg
考えてみると水飲み場も、雨が降った後でないとそれほど多くないように思えたので、水も出しています(背後の皿が水入れ。出して数日経っているのでほとんど無くなっている)。
この個体は前出の写真の個体と同じような若鳥っぽいですが、羽の生え換わりなのか首周りがイガイガしています。

それから数日後にまたエサを補給してやったら以前よりたくさんのスズメがやってきました↓
181106a.jpg
おぉ4羽もいるよ…と思ったら↓
181106b.jpg181106c.jpg
あれ?もっといるぞ?となり、数えてみたら6羽も来てました。
よく見たらくちばしの根元が黄色いのは1羽だけではなかったようです。
しかしほとんど見分けがつかないので、どれが巣作りしてたやつなのかイマイチわからない(笑)。

寒い冬になり、年が明けましたがスズメは完全にベランダに住み着いたようでした。
そして春になったある日、ベランダでハトがホ〜ホ〜言ってるのが聞こえ「やばい、巣作りされる」と危機感を抱いて見に行くと「私、なにも悪いことしてませんがなにか?」みたいなすっとぼけた顔してハトがヒョコヒョコベランダの欄干を歩いていたので撮影↓
190415.jpg
ハトはつがいで2羽来訪していたのですが「恨みはないが、君たちの巣は臭過ぎるので帰ってくれたまえ」と追い払いました。
この後何度かこの2羽がベランダに巣作りしようとチャレンジしに来ました(ベランダの中に入って内見しに来る)が、その度に追い返したので最近は来なくなりました。

住み着いているスズメはぼくがベランダに出ると、巣のある場所の最寄りの欄干の下の隙間から慌てて脱出して近くに避難します↓
190424.jpg
そんなに怖がらなくても大丈夫なんだけどなぁ〜。

ブレ&はみ出しですがめちゃくちゃ可愛い瞬間↓
190425.jpg
飛び立って羽ばたく前の瞬間でしょうか。
鳥は卵から生まれますが、その多くは卵と同じようなシルエットのままなのが笑えます。

ベランダでよく見る3羽↓
190430a.jpg190430b.jpg
恐らく2羽は巣作りしたつがいだと思われますが、もう1羽は巣立ったヒナではなさそう(立派な成鳥3羽にしか見えない)。
いちいちこっちを警戒しなくても何もしないっつーの(笑)。
こうやって仲良く3羽で食べていることもありますが、ケンカする時もあるようです↓
190529b.jpg190529c.jpg190529d.jpg
遠巻きに見ていたスズメにいきなり飛びかかって追い払うスズメ。
まぁ見分けがつかないので、もしかしたら追い返されたのは仲間ではなく部外者だったのかもしれません。
恐らくこの部外者スズメと同じ個体だと思われますが、時々こぼれたエサを探してるところを、ここに住むスズメに怒られたり追っかけられてる個体も度々見受けられますが、スズメって縄張り意識強いんでしょうか?
半年前に6羽が一緒に食べていた時はまだ縄張りが確定してなかったのかな?
しかし本人(鳥)達は真剣なんだろうけど、人間から見ると姿や声が可愛いすぎるので怒ってても怖くない(笑)。
飼っていた歴代文鳥達も、人間の手を別個体と認識して求愛したり威嚇したりしてましたが、本人(鳥)は思い切り噛みついてるつもりなんだろうけど、全然痛くないというのがまた可愛かった(首筋やお腹を突かれたり、小さい面積をつまむように噛んでひねりを加えられるとチク〜ッ!と痛いけど、やはり全然平気なレベル)。

雨が降ってもエサ探しに行ってるようですが、ベランダでじっと外を眺めている姿もよく見かけます(この写真は曇りの日)↓
190529f .jpg
この丸い頭と卵型ボディのシルエットがまたたまらない可愛さを発揮しています。

早朝にやたら欄干の上を走り回っていたので撮影したらこんな可愛い姿が撮れました↓
190530b.jpg190530c.jpg
スズメや文鳥などのくちばしが尖った小鳥の多くは両足でピョンピョン跳ねて移動するのが一般的ですが、時々ハトやインコのように両足を交互に動かして歩く動作で移動することもあります。
この写真の時は歩行方式で「テケテケテケ」と、やたら移動速度が速くて笑えました。

最近になって、巣から小さな鳴き声が頻繁に聞こえるようになって、ヒナがいることがわかりました。
ただ、巣は上から見ると草や鳥の羽などが集積しているのが確認できるんですが、トンネル状に作っているためかヒナの姿は見えません。
無事巣立って、この巣が代々受け継がれていったら面白いんだけどなぁ〜。
エサをくわえているスズメ↓
190528.jpg
文鳥はくちばし上部や目の周りの輪のボリューム感でオス・メスの判別がある程度できますが、スズメはどうもよくわからない。

団地周辺には鳥の他に虫も数多く存在しますが、先日ウチの号棟の階段にザ・テントウムシとも言えるナナホシテントウが2匹同じ場所にいたのを目撃。
その時はカメラを持ってなかったので撮影しませんでしたが、2〜3日後だったかに階段を降りていくと同じ場所に1匹まだいたので撮影↓
190516.jpg
もう1匹は見当たりませんでした。

本記事のスズメやこのテントウムシなどの虫たち、それから妙に滞空時間の長いシャボン玉が家や周辺に現れると、ぼくは亡き両親や飼っていた鳥たちが帰ってきたような、なんとも言えぬ郷愁のようなものを感じます。
郷愁といえば先日プレイステーション系のゲーム「ぼくのなつやすみ」シリーズを無性にやりたくなったんですが、仕事を早急に進めないとヤバイ状況になってきたのでゲーム脳は無期限封印しました(笑)。
190530a.jpg
posted by 文鳥 at 01:30| 東京 ☀| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。