2017年04月08日

旅立ちの日

昨年9月から入院生活となっていた父が本日早朝、息を引き取りました。
享年87。

昭和4年に鳥取県で産声を上げた後、物心つく前に遠縁の親戚の家の養子となり、立派なお父さんとお母さん(ぼくから見て祖父母)そして幼い妹や弟と共に当時は日本領だった朝鮮半島の釜山で太平洋戦争の真っ只中をくぐり抜け、様々な困難を乗り越えて日本へ引き揚げてきた後、間もなくお父さん(祖父)が亡くなってしまい、18歳の若さで一家の大黒柱とならざるを得なかった父は、戦後の闇市で米軍から払い下げたお菓子を売ったり、米軍のジープの整備なんかの仕事をしてうちに、化粧品会社の社長さんに拾われてその後の人生の大半をその会社に捧げることになります(この社長夫妻からは息子のように可愛がられたらしい)。
その後母と出会い、結婚、出産、マイホーム(今ぼくが住んでるレトロ団地)購入、と、当時の日本の高度経済成長をモロに支えてきた世代の典型のような人生を謳歌してきた人でありました。

息子であるぼくとは違い、父は毎日の晩酌を欠かさない酒飲みであると同時に、非常に真面目な仕事人間でもありましたが、絵や毛筆が上手かったり、機械工作や日曜大工が得意だったり、家族である妻や娘や息子に対しても家族サービスなんかもよくこなし、いつも寛大な心で接してくれて、特に遊び人間(笑)であった母と、その血統を受け継いだぼくにも、好き勝手させてくれた優しい父でもありました。
しかし定年後は仕事尽くめの反動なのか、心の底から休息を求めたのか、陸に上がって日光浴をするオットセイのようになってしまい(笑)心配した母がちょいちょいドライブや散歩に連れ出してはいたものの、次第に認知症や糖尿病の影響で衰えてゆき、母が2009年に癌で他界してからは毎日のように母の行方をぼくに聞いてくるほどにボケてしまいました。
そんな母亡き後の父の介護はぼくが看ていたわけですが、最初の頃は母を亡くした悲しみと介護の疲れで心に余裕が無くなって怒鳴るように父を叱りつけたこともありました。
でも月日が経って母を亡くした悲しみも癒え、ボケた父とのやり取りの経験値が増えるにつれ、そうした腹立たしさや怒りは発生しなくなり(過去に怒鳴りつけたことを後悔したほど)介護生活後半は、なんだかとても穏やかで平和でコミカルな毎日だったようにも思えます。
その後、脳梗塞をきっかけに始まった入院生活で急速に衰えていった父は、しゃべることができなくなる少し前に、毎日見舞いに行ってたぼくが帰ろうとした時に、弱った肺活量を振り絞るように「お、お疲れ様」と精一杯大きな声をかけてくれたことが今でも強く印象に残っています。
そして声が出せなくなってから、今年の家の年賀状用として病院のベッドで寝たまま書いてもらった「あけまして おめでとう おおた けんじ」というガクガクに震えた線ではあるものの、まだまだハッキリとした意志を感じる文字。これはもう大切な形見です。
最後はもう本当に文字通り骨と皮だけのような体になって、ただただ点滴を受けて寝ているだけとなり、亡くなる2日前にぼくや姉が見舞いに来た時は、妙に今までよりも調子良さそうなケロッとした顔でぼくと姉の顔を交互に見比べるような感じで何度も見ていましたが、もしかしたら今生の別れを告げようとしていたのかもしれません。

そして今日の午前6時ちょっと前くらいに家の電話が鳴り「呼吸と心拍がかなり落ちてきているので、ご家族の方に来ていただきたいのですが…」という病院からの連絡があり、急いで車で病院へ向かいましたが、残念ながら旅立ちの瞬間を看取ることはできませんでした。
やっと病院に到着して父に会うと、よくエジプトのミイラとか氷の中から発見された古代人とかに見られる、小じんまりとしたポーズをとってはいたものの、人生を全て生ききったことが伺える、見事な往生の姿をしておりました。
母はちゃんと迎えに来てくれたかなぁ。

今にして思い返すと改めて本当に立派な父だったと思います。
最後の最後はちょっと辛かっただろうけど、ホントによくがんばりました。
今まで長い間、本当に本当にお世話になりました。
さようなら、ありがとう。

…といったわけで、またまたちょっとヘヴィーな記事となりましたが、ぼくにとっては非常に重要な出来事だったので記事にしました。
これからちょっとばかし事務的なことでバタバタした後は、100%ぼくの人生に全力を注ぐ所存でございます。
posted by 文鳥 at 18:14| 東京 🌁| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

コマーシャル

いきなりですが、VIZOR-VUレプリカのご紹介。
DSCF0672 のコピー 2.jpg
なんでも、故スティーブ・マックイーンさんが映画の中でくっつけてたというバイザーで、実物は激レアアイテムらしいですが、オサレビンテライダー界隈で人気らしいです。
最大の特徴はバイザー下についてるミラー↓
DSCF0673 のコピー 2.jpg
これでバックミラーがなくても…と言いたいとこですが、どうもマトモに使えないらしいです(笑)。
まぁ当時のアメリカン開拓精神的な「とりあえず試してみよう」という心意気を感じるポイントと言えましょう。
このヴァイザーヴュー、現在タックインさんで販売中ですが、もう残り僅かだそうです。
ちなみにセンターホックは、オリジナル同様袋ナット(ステンレス削り出し)で留めるバージョンもあるようです。カラーも白黒以外にも赤とか…何色かあったような。
ちなみにこれ、かなりこだわって作られてまして、裏面の金型によるパーティングライン(上の写真でかすかに見える)もオリジナルと同じ形になってますが、実はこれ金型ではなく、削りだし原型の型取り複製だそうです。つまり、このパーティングラインはわざわざ削り造形で作ったもの(笑)。でも実物と見比べても見分けつかないくらいクリソツでした。
たしかにこれなら高価な金型起こさずとも量産できますが、それでも原価はそこらで売ってるバイザーの店頭販売価格より遥かに高くなっちゃったようで…(笑)。
あとこんなシャレたエンブレムも入ってます↓
DSCF0677 のコピー 2.jpg
そんなわけでお値段は…10,000円って言ってたかな?前述の理由からか少々値が張りますが、このロットが完売したらもう再生産しないらしい(店長さんが自分で欲しかったから作ったとのこと。ものづくりの原点なり!)ので、気になって夜も眠れなくなってしまった方はタックインガレージまでお問い合わせください。
ちなみにタックインさんのブログ、長いこと更新されてませんが皆さん元気に働いております(笑)。
ただ現在かなりご多忙なようで、昼間は店長さんが不在がちです。ご来店の際は前もって連絡しておくか、夜遅くに行くと会えるかもしれません(笑)。

それから、前回の記事でも書いたFOXブーツと入れ替えにタックインさんで委託販売していただいてるフランク・トーマスのブーツはこんな感じ↓
DSC07262 のコピー 2.jpg
ですが、実はこれ元の姿はこうなってます↓
ft.jpg
スネの部分にゴムのパッドが付いてたんです。
でもこれが見た目もかなりゴツくて動きにくかったので取ってしまったわけです。
そのパッドの重さを量ってみると↓
DSC07261 のコピー 2.jpg
2個(両足分)で366.5g。けっこう重かったです。
一応糸を抜いただけなんで、再び縫い付ければ元通りになるとは思いますが念のためご報告。
ベルトは高校時代に履いていたギューディッチ(友人曰くガエルネのニセモノ。OEMってことなのかな)と同じシステムで、非常に開け閉めしやすいです。この点は今回入手したFOXブーツより確実に優れてます。
サイズは27cm〜27.5cmくらいでしょうか。ぼくの足がそのくらいですが、そこらで買ってきた衝撃吸収インソール入れてもキツくはなかったです。
お値段は…いくらなのか聞いてませんでしたが、気になる方はこれまたタックインさんまでお問い合わせください。

以上、CMでした。
posted by 文鳥 at 05:58| 東京 ☁| Comment(6) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

コンピューターってすごいな

前回のロケットスリングパックのウエストバッグ化ですが、やはりベルトの根元強度が不安だったので、さらに改良してみました↓
DSC01304.jpg
背負った時に正面となる面から撮影。
前回は左右のベルト根元をバッグ圧縮用ベルトを使って短くしていましたが、圧縮用ベルトだと重い荷物を支えるほどの強度が無いように思えたので、作用点(だっけ?力点・支点ってやつ)を分散させてみました。
ちなみに赤矢印部分には新しいカメラ(Panasonic GM1K)と替えレンズを入れたポーチを増設。

改良点の詳細。
まず右側(本来の上部にあたる部分)は、このようになっています↓
DSC01306.jpg
1:背負った時で言うと下面からのアングル。
2:同じく正面からのアングル。
まずバッグ本体上下(本来の左右)にあるMOLEウェビングに他のポーチに付いてたMOLEクリップを通して(赤矢印)そこに同じクリップを2本つなげて延長したものを上下(本来で言うと左右。ややこしや)に渡って接続(青矢印が延長クリップ)してショルダーストラップの根元を押さえて締め付け度を高めます。
前回使ってた圧縮用ベルトは本来の使い方通りに、たるまない程度に締めておきます(今回は使わない)。
このままだと装着して荷重がかかった時に、ショルダーストラップの張りによって青矢印クリップがグイッと外側に追いやられてしまうので、それを食い止めるために、これまた他のポーチからもってきたクリップ2本を合体させた長クリップで、ショルダーストラップの真ん中あたりにあるMOLEウェビングと青矢印クリップをつなぎます(緑矢印)。
これで作用点は3点に分散されて、前回より無理のない状態になったのではないかと思います。
しかし、これだと前回Z型に折り曲げていたショルダーストラップより少し長くなることになり、少々ユルくなってしまいます。
そこで今度は左側(本来の下部)のベルト根元を短くします↓
DSC01305.jpg
こちら側はデフォルトで使われていたショルダーストラップの左右振り分け用バックル2個に、そこから取り外した太いベルトを橋渡しするように通してピンと張るようにセットして、そこに圧縮用ベルトを通してその先にFASTEXバックルを通して最短状態に締めました。
これで前回の状態より不安の無いウエストバッグ化ができました。めでたしめでたし。

ここからが今回の本題。
バッグとは全然関係ないんですが、去年の冬に買ったSONYのRX100というカメラのRAW現像についてです。
前回の記事「冬支度」ではRAW現像にSONY純正フリーソフトのIMAGE DATA CONVERTER(以下IDCと記述)を使っていましたが、この度仕事用という名目でまた新たにカメラを買いました(前述のPanasonic GM1K)。
しかしPanasonic純正のフリーRAW現像ソフトであるSILKYPIXというのがど〜もイマイチ使い勝手がよろしくないので、使い慣れたIDCでできるかな?ハテハテフム〜とトライしてみましたが、やっぱ他社RAWって互換性無いんすね…。
どういうわけかRAW現像ソフトはメーカー縛りがあるようで、他社RAWデータは扱えないんだそうです。
そこでいろいろ調べてたらイラレやフォトショでおなじみのアドビ社の「Photoshop Lightroom 5」(以下Lr5と記述)というものを知りまして、説明を見ると様々なメーカーのRAWが扱えて、なんかスゲー良さそう。
しかもイラレやフォトショのように完全クラウド化はしておらず、パッケージ版があり(クラウドは嫌!てか毎月払い続けるってのがもうダメ)なおかつ価格も非常に安い(アマゾンにて12,850円)だったので購入してしまいました。

ちなみに我がメインパソコンはちょっと前にMacBook(OSX10.6)からMac mini(OSX10.9)に乗り換えたのですが、このLr5はOSX10.7から10.8までが対応となっており、10.9はどうなんだろ?と思って調べたら些細な不具合があるくらいで大丈夫そうとのことだったので、まぁ細かいとこはバージョンアップで対応すんだろ、とアマゾンから届いくやいなや早速インストールして使用開始↓
lr.jpg
不具合があるどころか、メッチャ使い勝手イイ〜!てか不具合ってどこ?
IDCだと最新Mac mini(Core i7)でも連続操作で「フォ〜」とファン全速力になる(しかも動作が遅く、たまに落ちる)のですがLr5は全然サクサク。
しかも加工前の状態と現状を比較しながら作業できたり、いじれるパラメータも非常に豊富で、IDCでは限界を感じたノイズ除去や明暗差の平滑化なんかも非常に繊細で調整幅も広い感じで、マニュアル見なくてもけっこういい感じにできちゃいます。
さすがイラレやフォトショで培ったノウハウなのか、これでもか!というくらい使いやすいです。
例えばホワイトバランス調整で、カラーピッカーで写真の一部をクリックする際にも、IDCだと拡大ツールでわざわざ拡大してからグレーポイントを探してクリックして、また全画面に戻して色味を確認するといった工程でしたが、Lr5だとカラーピッカーを選択して写真の上にカーソルを移動させると、ピッカーの先端がある所が超拡大された小さい別画面がパッと出てくるのでわざわざ拡縮させる必要がない(感動)。
ノイズ除去ではIDCだとノイズを抑えるとディテールがボケるし、かといってシャープかけるとまたノイズ出るし…みたいな感じで、そもそもノイズがあまりキレイに消えない場合も(ISOが高い場合なのかな?)あったりして、カメラ内で生成されたJPEGの方がキレイだったりすることもありましたが、Lr5だといとも簡単にシャープさを保ったままキレイにできたし、露出オーバー画像の補正も圧倒的にLr5の方がキレイにできました。
前述の加工前との比較画面も、どちらか片方を動かしたり拡縮させると、もう片方も同じように動作するとか…んも〜なんでこういうことを他のソフトメーカーができないのか不思議。プログラムの特許でもあるのかな?
とにかく百聞は一見にしかずなので、以前の記事で使った写真でIDCとLr5を比較してみました(まぁフリーソフトと比べるのも酷な気もしますが)。

まずは色味の比較ですが、解像感とかディテールの比較ではないので、以下の写真は画像サイズをかなり縮小して圧縮もかけてるので画質は良くありません。

RX100内部で生成されたJPEG画像↓
_DSC9258.jpg
この時はなんか変に設定したプログラムオートだったせいか、晴れてたのに曇り空みたいな色味になってしまいました。

RAWをIDCで調整↓
_DSC9258idc1.JPG
これは前回の記事で載せたやつで、IDCに慣れてなかったためまだ中途半端です。

ひとしきりLr5を使った後に、改めてIDCでリベンジしたRAW↓
_DSC9258idc2.jpg
明暗コントラスト差を幾分和らげて、ホワイトバランスも煮詰めましたが、空の露出オーバーはこれ以上補正できませんでした。

そしてLr5で調整したRAW↓
_DSC9258lr.jpg
見事に空の色が復活して、シャドウ部との明暗差も緩やかになって、より画面全域が自然な色合いになったように思います。

次は色味とディテール再現性を合わせて比較。
一応ピクセルを半分に縮小してますが、それでもかなり大きな写真(3MB超え)になるので非力なパソコンで見る場合はフリーズにご注意ください(今どきそんなの使ってる人いないかな)。

まずIDCによるRAW調整↓
_DSC9267idc.jpg
これは元の設定がそれほど外してなかったようで、そこそこキレイです。
けっこう肉眼でみた印象に近い気もします。
このように元々明暗コントラストのギャップが少ない落ち着いた写真ならIDCでもそれほど不満もなく「やっぱセンサーデカいとキレイだね〜」とか思ってたのですが、これをLr5で調整すると…↓
_DSC9267lr.jpg
うぉ〜!自分史上最もキレイな写真ができた(笑)!
よくカメラの製品サイトにあるサンプル写真見て「こんなにキレイに撮れるわけないよ〜」と嘆いてましたが、これからはそういったプロフェッショナルな写真に少しは近づけそうな気がしました。
今までキレイにできたと思ってたIDCと比較すると、IDCの写真が普通のスナップ写真に思えちゃうくらいです(言い過ぎ)。
やはり明暗調整の自由度も、ノイズ除去性能も圧倒的な差があると思います。
IDCでここまでノイズを目立たないレベルにすると、どうしてもベタッとした、粒子が潰れたような感じになってエッジもボケちゃうのが定番でしたが、Lr5はさすがの調整幅…だけじゃないと思いますが、とにかく良いソフトだな〜と感心しちゃいました。
もちろん操作性の良さやレスポンスもバツグンなので作業時間も他ソフトよりも短く済ませられるでしょう。
調整するのが面白くなってきます。ていうかまだ全然使いこなしてないけど。
GM1使うのが楽しみになってきました。

でも一番大切なのは、撮影時のテクニックと知識なんでしょうね〜。
今度からもっとじっくり考えて写真撮ろうと心に決めた残暑の夜。
仕事に使うつもりで揃えたのに、なんかまた趣味増えちゃった感じ…。
posted by 文鳥 at 02:03| 東京 ☁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする